2014年08月20日

ブレーキもここまで使えばえらいことです

急にブレーキがほとんど効かなくなった、との第一報。

トヨタスパシオ AE111N 平成10年 走行距離177,300q
登録16年で17万qではなく登録から11年間で1万qしか走ってなかったようです。
そして中古車として購入されて第二の人生をスタート。
ここ数年で営業車としていきなり5年ほどで16万q走破してる、という異色の経歴の持ち主(笑)


お得意さんの紹介で「ブレーキが効かなくなって恐くて走れない、とのことなので診てあげてくれないか?」
と言うお電話を頂きました。
その時点で

今どきの車でブレーキが効かなくなるなんてあるんやろうかなあ?

との疑問。
で、ご本人と電話でおはなしすると「通常の10%ぐらいしか効いてない感じ」と。

場所的にも近かったので取りあえずゆっくりうちまで来てください、とご入庫いただきました。
んで工場内に入れようと自分で運転すると

「スカッ」

とブレーキペダルが奥まで入ります。
「え〜ブレーキフルード無いやん」、
と直感的にわかりました。
今度は逆に「なんで無いんやろう?」という疑問が。


リフトアップしてびっくり。
ブレーキフルードが左前輪からしたたり落ちてます。

ss-P1090146.jpg

ss-P1090147.jpg

ss-P1090148.jpg

ss-P1090149.jpg



うわっ!なんじゃこら!
裏側から見ると

ブレーキパッドが無い

ss-P1090156.jpg


ブレーキパッドが脱落してブレーキピストンで直接ブレーキローターを押してました。

ss-P1090155.jpg



そのためにピストンが延びきってしまい、シリンダーから抜けたのでブレーキオイルがジャジャ漏れになったのです。

ss-P1090154.jpg



長いことこの業界にいますが、これは初めて見ました。
ブレーキパッドの摩耗限度を越えたのに走行し続け、座金の部分も削りきってしまい最後はブレーキパッドそのものが通常通るはずのない狭いすきまをくぐり抜けて脱落してしまったのです。


外側のブレーキパッドも厚みが薄くなってます。

ss-P1090161.jpg

ss-P1090162.jpg



運転席側のブレーキパッドも摩耗限度超えてます。

ss-P1090166.jpg

ss-P1090169.jpg



これだけのことになるとブレーキを踏んだときにかなりの音がしてたはずなので

「ガ〜、とか ゴ〜、とか地の底から聞こえるような音してなかった?」

と運転手さんに聞くと

「はい、してました」

_| ̄|○


若い運転手さんなのですが、これがいまの日本の若年ドライバーを表してます。

でもね。しかたないですよ。
おっさん達の時代と違ってメンテナンスに対する知識を仕入れる興味も、身近な人でメンテナンスについて教えてくれる人もいないんですから・・・・
友達全員が「車のことはわかんね」で終わる世代ですからね。

まあいい経験をしてもらったと言うことで気を取り直して、とんでもないことになってしまったブレーキの復旧作業に入りましょう。


後のブレーキも心配になったので同時に点検。
後は半分ぐらいの減りですが、近々交換時期が来そうな感じ、と言う程度。

ss-P1090181.jpg

ss-P1090185.jpg

ss-P1090186.jpg



これがフロントのブレーキキャリパーと呼ばれる部分。
ここのピストンを抜いて新品に交換が必要。

ss-P1090171.jpg



上側がガリガリしたピストン(助手席側)、下が普通のピストン(運転席側)

ss-P1090174.jpg



この時点で盆休みのため一旦お休み(爆)




盆開けましたので部品の供給も再開。
オーバーホールして復活させます。
バラバラだったブレーキキャリパーの各部品を交換していきます。
その時には劣化したゴム製品はすべて新品にリフレッシュするのが大原則。
あとブレーキは左右同時交換も鉄則です。

ss-P1090190.jpg

ss-P1090191.jpg

ss-P1090197.jpg

ss-P1090200.jpg

ss-P1090201.jpg

ss-P1090205.jpg

ss-P1090206.jpg

ss-P1090208.jpg



キャリパーの中にあるこの黒いリング状のパッキンでフルードと外界を遮断して漏れを止めてます。
恐るべき精密&単純な構造。
材質やら製造にかなり蓄積されたものづくりノウハウが隠れてると思います。

単純な分、ピストン抜けたらフルードも全部抜けるわけです。

ss-P1090212.jpg



新しいピストンが到着。

ss-P1090225.jpg



ガリガリした右側のピストンはちょっと短くなってます (^^ゞ

ss-P1090226.jpg



組み立てます。

ss-P1090228.jpg

ss-P1090229.jpg

ss-P1090230.jpg

ss-P1090235.jpg



この作業を2セット終えたら、いよいよ車両側の組立。
ブレーキローターも修整なんか出来る状態では無かったので新品です。

ss-P1090251.jpg

ss-P1090252.jpg

ss-P1090253.jpg

ss-P1090254.jpg

ss-P1090255.jpg



抜けてしまったブレーキフルードを配管内のエアを抜きながら行き渡らせます。

ss-P1090257.jpg


あとは試運転してOK!!
復活しました。



交換した部品。

ss-P1090259.jpg

ss-P1090260.jpg



結果的にスパシオはフロントブレーキの完全オーバーホールとなりました。
17万q走ってるので結果オーライだったかもしれませんが、1年間に3万qこえる営業車です。
これぐらい走るお車は、車検から車検までの2年間、点検無しで走りきるのは高速道路専用車でも無い限り無理です。
一般道を普通のレジャー用の車より過酷にゴー&ストップを繰り返すのですからそれなりの維持をしてあげないとえらいことになります。

正直、今回の整備は「故障」とは言えません。
消耗品の手入れ不足です。
通常であればブレーキパッドの交換、だけで済むはずだったのが「ブレーキ全損」まで拡大してしまったのですから費用も余分に掛かってしまいました。

まあでも

止まらなくて事故

にならなかったのはなによりの結果です。





posted by てんちょー at 02:01 | Comment(2) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
キャリパーオーバーホールご苦労様でした。
自分のシルビア(S15)も以前サーキットで
ブレーキ壊してやってもらったことがあります。
ストリート用のパッドで走っちゃったものですから・・・
Posted by たかちん at 2014年08月21日 12:12
事故につながらなくてホッとしました。
Posted by てんちょー at 2014年08月21日 13:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ