2015年03月03日

エアコンガスリフレッシャー

エアコンガスの補充量の管理を完璧にするため機器を導入

デンゲン製 エコマックスジュニアU


写真の通りこの機械が何をするかというと


++全自動でエアコンガスを回収して再生して充填する装置++

ss-P1100924.jpg



エアコンガスが以前の記事でも少し書きましたが、現在は「重量管理」
つまりは重さでガス量を監視することになっています。
以前であれば

「ガス圧」

とか

「ガス管の中をのぞき窓から見て、泡の量で推測する」

という方法でした。


しかしそれではあくまでも「だいたいこれぐらい」しか量れません。

しかも最近の車はその決まった量で最大限エアコンが働くように設計されているので、ガスの量が多くても少なくてもエアコンの能力は下がってしまうのです。


整備する側もその許される誤差内にガス量を調整してこそプロの仕事と思えるのです。


なのでただでさえ夏の気温が高い大阪で整備業をやってるのですから、少しでも快適な夏を迎えてもらえるようにきっちりとしたエアコンガス量の管理をしていきたいと思います。



エコマックスジュニアUをお車につなぎます。
前回の記事でご紹介した日産ノートに実験台になって頂きました。

ss-P1100899.jpg



夏場はエアコンの冷えにパンチがない、との自己申告がありました。
いまの気温ではなかなかその症状を把握することはしにくいのですが取りあえず吹き出し口の温度測定。
その測定条件は

1,窓、ドア全開
2,風量最大
3,吹き出し口は「顔」
4、内気循環モード

と決まっています。

それで測ると5度くらいですね。

ss-P1100900.jpg



では作業スタート
一旦エアコンシステムの配管内の既存のガスを全て回収します。

ss-P1100901.jpg



最初は内部の圧力で自然に機械の中に入ってきますが、最後はそのまま配管内が真空状態になるまで徹底して引き抜きます。
このとき規定量を回収できるのが普通なのですが、そこまで回収できないということは、いままでの使用過程でガスが少しずつ洩れてたということになります。


真空引きにはもう一つ意味があって、配管内の水分も真空状態で「蒸発」して一緒に出てきますので配管内の水分を除去できます。
真空にするのはエアコン整備では基本中の基本です。

ss-P1100902.jpg



真空引きが終わると回収したガスの不純物をクリーナーで除去しながら車両に戻していきます。
このとき規定量より回収できたガス量が少ない場合、自動的に新しいガス缶より補充して規定量を充填します。
ここが素晴らしい仕組みだと思います。

ss-P1100906.jpg



そして登録から9年、6万キロ走ったノートは、規定量450グラムのところ300グラムしか回収できませんでした。
足らない150グラムのうち、120グラムの新しいフロンガスと30グラムのエアコンパワーダウン抑制剤を足して、クリーニングされた300グラムの回収ガスとの合計450グラム再充填。
これで完璧に設定されたガス量に復活しました。

ss-P1100908.jpg




この結果吹き出し温度が、この時期にしては大きいと言える「1度」下がりました。
これが夏場なら3〜4度の違いになると思われます。

ss-P1100910.jpg



ガスの量が規定量の3分の2になっていたのですから、夏場に能力不足になって冷えも悪かったと思います。



そのほか参考までに自社のデーター取りのために数台実験してみました。

平成15年式 スズキ ワゴンR
規定量530グラムで80グラム不足。
ちなみに1年前エアコン修理済み。

ss-P1110032.jpg


平成16年式 ホンダ ライフ
規定量400グラムで130グラム不足

ss-P1110033.jpg


平成22年式 ニッサン OTTI(三菱EKワゴン)
規定量380グラムで60グラム不足

ss-P1110031.jpg


おおよそ5年過ぎればそろそろ点検、規定量への補充が必要なってくるようです。
ホンダライフも3分の2ほどになってましたね。

もちろんエアコンの冷えはガスの量だけでなく、ガス圧力やらエアコンフィルターの詰まりなど総合的に判断しなければなりませんので、まずはその基本的な点検からします。
それからこの機械の出番です。



これから暖かく、いやいやあの暑い季節がやってきます。
エアコンガス量の管理&ガスのリフレッシュをして夏を迎えましょう!!







posted by てんちょー at 00:02 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ