2008年02月28日

悪魔の紋章 その後

悪魔の紋章をそのままにしておくのはやっぱりきになる・・・


悪魔の紋章が入ったピストンが、シンダーの中で動いてるの想像すると居ても立ってもおられず、結局新しいピストンを買ってしまいました。
エンジンが冷えてるあいだはカタカタとピストンが踊ってる音がするし、なによりもいけない状態でエンジンが動いてることが許されない。
機械はやはりそれなりの正しい状態で動いて欲しいというある種のこだわりですね。


新しいピストン ぴっかぴかや〜
s-P1010268.jpg
クリックで拡大


全くの自己満足。
でもこれが修理人のこだわりです。
動いてればええやん、という解決はどうしても悲しい。

コストを優先しないといけない場合、実用上の動作を最低限確保するための整備で車を引き渡します。
ほんとに後ろ髪を引かれる思いで納車するときもあります。
かといってお客さんの要望が最優先ですし・・・・

永遠の葛藤です。





posted by てんちょー at 12:39 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ