2015年05月02日

キューブ AZ10 カーエアコンガスリフレッシュしました

エアコンガスリフレッシュにおいで頂きました。

ニッサン キューブ AZ10 平成14年式 走行28000q
エアコンガスリフレッシュでご来店です。

インターネットで当店を見つけて頂いた方は東大阪在住。
キューブのオーナーさんは堺在住の方。
お友達が中古車を買ったのでオーナーさんの代わりに車大好きのメンテ担当(?)の東大阪在住Yさんがメールで打ち合わせの上、本日ご入庫頂きました。

ss-P1110449.jpg



まずは全体的な診断、エコマックスジュニアUをセットして、作業前の初期のガス圧などを測定してエアコンシステムの診断。
ここでエアコン自体に異常が無いことを確認しておかないとエコマックスとはいえ「修復」はできません。

ss-P1110450.jpg

ss-P1110451.jpg


外気温が26度で、ドア全開・風量最大・内気循環の条件での吹き出し温度は12.8度(最低気温の表示がそうです)

ss-P1110457.jpg




開始前に注入するコンプレッサーオイルを選択して頂き、パワーダウン抑制タイプのPitwork製NC200を選択されましたのでエコマックスにセット。

ss-P1110164.jpg

ここでエアコンガスリフレッシュを開始。


配管内の圧力で自然に出てくるガスを回収、それが終わったら真空ポンプで残った配管内のガス、その上配管内の水分も一緒に引き抜きます。
その間に事前に相談させて頂いてたエアコンフィルターの交換をします。

ss-P1110452.jpg

ss-P1110454.jpg

ss-P1110456.jpg


回収されたガスは300g。
このキューブの正規量は400g
追加してエコマックス内で不純物を取り除いてリフレッシュされたガス300gと新規のガス100gを追加して全体で400gを充填。

ss-P1110462.jpg



作業後のガス圧も正常。
吹き出し温度を再測定。

ss-P1110461.jpg


エンジン1800rpmで10.0度になりました。
これで走行するとあと数度下がると思いますので、エアコンの能力としてはバッチリです。




これからエコマックスジュニアUが活躍の時期です。


冷えない理由は多義に渡りますので一概に「エアコンガスの不足」だけではないです。
エアコンサイクルの原理を踏まえての診断が大事です。
全く冷えない、というのは別次元のお話しです。

冷えてるけどパンチ力がないかなあ?なんていうかたには一度エコマックスジュニアUでガスのリフレッシュをオススメします。





posted by てんちょー at 13:57 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ