2015年06月03日

6月からの道路交通法改正

6月1日からの道路交通法改正

新聞やらテレビでもがんがんやってますが6月1日から自転車の走行について厳罰化された道交法。
免許を持ってるものからすると、「何をいまさら・・・遅いわ」という気持ちですが、我々のお仕事でも自動車と自転車の接触事故は後を絶ちません。
事故に携わると7割ぐらいは「そりゃ当たるわなあ」と自転車側に非がある事故が多いです。

でも相手は交通弱者。
こけてケガしてる人を前にして残念ながらなかなか言いたいこと言えず・・・
と言うケースが。


自転車がしてはいけないことが明文化されました。


1 信号無視   
2 通行禁止違反 
3 歩行者用道路徐行違反
4 通行区分違反
5 路側帯通行時の歩行者通行妨害
6 遮断踏切立入り  
7 交差点安全進行義務違反等
8 交差点優先車妨害等
9 環状交差点の安全進行義務違反
10 指定場所一時不停止等
11 歩道通行時の通行方法違反
12 ブレーキ不良自転車運転
13 酒酔い運転
14 安全運転義務違反




Facebookページでも書きましたが、いろんなことはとにかく、「逆行」だけはきっちりしてもらいたいです。
それだけでいいです(笑)

イヤホンについて都道府県で見解が違うそうなのですが我が大阪府警は、「大音量でなければ・・・・」と割と寛容な見解
https://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/kotsu_anzen/jitensha/jitensya09_1.html



今日もネットなどで取締の状況を面白おかしく取り上げてました。
スタートして初日はやっぱり「かまし」を入れるためにも、と言うことが大々的に流れてました。

「停止線越えたら信号無視」

70c20577.jpg


参考までに自転車の場合の罰則は3年間で2回つかまったら

自転車安全講習/3時間/講習料5700円(標準額)
 講習時間 3 時間
 講習手数料(標準額) 5,700円(都道府県条例で別途定められる)
 講習のポイント
1 運転者としての資質の向上に関すること、自転車の運転に
  ついて必要な適性並びに道路交通の現状および交通事故の
実態その他の自転車の運転について、必要な知識について
  行うこと。

2 あらかじめ講習計画を作成し、これに基づいて行い、かつ、
  その方法は、教本、視聴覚教材等必要な教材を用いて行う
  こと。

3 自転車の運転について必要な適性に関する調査に基づく個
  別的指導を含むものであること


てな感じの罰則。
青切符扱いと同等の反則金&講習。



あとこれは

14才以上に適用


ここが意外にスルーしてしまいそうな部分。
つまりは中学生あたりのご子息がこの範囲に入ること。
正直このあたりの年齢の自転車のマナーは無茶苦茶ですから家計の出費に響きます。
うちはもうみんな成人しましたから自己責任ですが、そのあたりのお子さんを子育て中の皆さんは家庭内でも話題に出してどうぞお気をつけあそばせ(笑)







posted by てんちょー at 00:19 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ