2008年06月23日

2代(台)目のパソコン

モニターレスの単体パソコンが売れてるそうです。


パソコン単体だけというのはモニターを残して、パソコンだけを買い換えるということで、納得できる話です。
数年前にパソコンを買って、性能など時代が進むにつれて、自分の持ってるパソコンが陳腐化していくと新しい性能のパソコンが欲しくなるのが道理です。
そこで本体だけを買い換えるというのは、パソコン市場も成熟期に入ってきたという証拠です。

その単体のパソコンが売れてる中でシェアが一番なのは、かの有名なイーマシーンズ。
だいたい40パーセントを超えてるそうです。
2台に1台はイーマシーンズということですね。
ジョーシンやら関東の九十九電機、石丸電気などで一生懸命売ってますから、お手軽度はナンバーワンです。
家計簿ソフトやら年賀状ソフトなど一切入って無くてWindows XP やら VISTA だけという組み合わせなので見た目にも安いしね。
だいたい7万円台が売れ筋とのこと。

1台目に買ったパソコンの半額以下の値段で性能は倍以上!
これはうれしいな、ということです。
自作派の私にとってもあの対性能から見た価格は魅力的です。

ただし故障時の修理期間のリスクは以前にお知らせしたとおりですから、その点だけはお気をつけあそばせ。
昔ソーテックというパソコンの会社がありましたが、結局サポートがわるいという評判ばかりが先に立ってしまい、長続きしませんでした。
当時は使う側の人にも初心者が多く、windowsもまだXPではなかったので安定性に欠けるという背景もありましたが、今は当時よりパソコンが生活に深く入り込んでますから、無くなると不便な人が増えてます。
その無くなる期間が長く掛かるというのは、結構評判に関わってくると思いますよ。

ま、あくまでも壊れたとき、という前提のお話です。





posted by てんちょー at 22:50 | Comment(0) | いんたーねっと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ