2006年11月14日

セルボに乗りました。

新しいセルボに試乗してください、と持ってきてくれたので乗ってみました。


新しいセルボの自分なりのインプレッションなどを少し。

見た目・・・
横から見ると先代MRワゴンの背丈を縮めた感じ。
前から見ると日産のノートみたい。

すいません、私は基本的に車のデザインというのはさっぱり興味がないというか、デザイナーのこだわりを感じ取ることが出来ません。
スタイルはどんな感じ?というと上に書いたことしかないです。

運転席に乗ってみると・・・・
まず運転席に座ると鼻先が長く感じられます。
普段ワゴンRとか乗る機会が多いので余計にそう感じるのかもしれませんが、もうちょっとアイポイントが高い方が背の低い女性には乗りやすいかも。

エンジンをかけてみると・・・・
すごくスズキのエンジン音。なんか安心します。セルモーターも含めて。

走り出してみると・・・・
スズキ車の特徴として新車の時のハンドルの動きが渋い。
ステアリングシャフトに付いてるシールが堅くはまってる感じ。
数ヶ月乗ると解消されるのですが。
スズキ車を乗り継いでるとこれが新車の証ともいえます。

乗り心地は低速時はロープロフィールのタイヤのおかげでごつごつ感が多い、と思ってたんですが、それが30q/hも超えると何ともすばらしい足になります。
路面の凹凸をすごく吸収して今までの軽自動車とはちょっと違うできあがり方です。
こないだのったSX4を感じさせる乗り心地。
ロールは背の低い分あまり感じません。

加速感・・・・
基本的にMターボ(マイルドターボ)ですから爆発的な加速はありません。飛ばしやの私には正直物足りない。(^^ゞ
けどノンターボ車に乗ることを思えば格段の走り。
やっぱり軽自動車はターボに限ります。

マニュアルモード付きミッション・・・・
このTX T (間違ってました)というグレードの目玉ですね。
最初はシフトポジションの表示はないのかと思いましたが、ちゃんとオドメーターのところに1〜4速の表示がありました。
ちょっと見にくい、残念。
加速時には不要、減速時必須、という感じ。車間距離調節にも重宝しそうです。きっとブレーキパッドの節約になる。

ブレーキは・・・・
絶妙な感触。これはいいです。踏んだら踏んだだけ効くという感じがします。
かといって一時あったカックンブレーキの効き味とはまったく違う。制動力の加減がすごくしやすくてコーナーのツッコミにはいいかも。
但し市街地走行だったので、もっとパッドが暖まるとどうなるかは不明。
ちょっと感動した。


最終的にはこのターボ車は比較的安いからお買い得では?
このグレードには、対応の携帯電話であればワイヤレスでお話しできル機能がありますから、運転中の携帯使用で反則切符を頂くことも減ります。
買うならこのグレードだと思います。
個人的にはオートエアコンがない、ヘッドライトがHIDでないという不満はありますが、それで高くなれば今までのターボ車と一緒になってしまいますね。


最後にうちで撮った写真を並べます。
何かの参考にしてください。
全部クリックするとちょっとでかくなります。

P1000556.jpg

P1000554.jpg

P1000553.jpg

P1000541.jpg

P1000540.jpg

P1000539.jpg

P1000538.jpg

P1000537.jpg

P1000536.jpg





posted by てんちょー at 00:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
TXにはオートエアコンついてまっせ。
Posted by とおりすがり at 2006年11月25日 18:01
ご指摘ありがとうございました。
TとTXを間違ってました。
Posted by てんちょー at 2006年11月25日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1721207
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ