2006年11月17日

車の寿命が延びてるらしい

最近発表になった資料によると車の寿命はどんどんのびてるらしい。

新車登録され抹消されるまでの「車の平均寿命」は11年――。
自動車検査登録協力会が
14日に発表した2006年3月末時点の自動車保有動向によると、軽自動車を除く自動車の平均使用
年数は11・10年で、調査を始めた1974年以降で最長になった。

 最長記録の更新は04年以来2年ぶり。10年前の96年より1・83年伸びた。平均寿命が11年を突
破したのは初めてで、新車販売が振るわないことが、1台の車に長く乗る傾向を強めたとみられる。

 「車の平均年齢」にあたる、新車登録からの平均経過年数(軽自動車を除く)も6・90年と、14年連続
で高齢化が進んでいる。


となってます。

いつもこういう統計で分けわからなくなるのが、平均寿命と平均経過年数。
こないだ別のサイトでかみ砕いて書いてくれてるのがあって大いに納得。

日本人の平均寿命(0歳児の平均余命)は80歳くらいで、平均年齢(生きてる人全部の年齢を足して割る)はたぶん40歳くらい。

ということで車の一生は11・10年で、走ってる車の登録からの平均は6・90年ということですね。

うちのお客さんの乗ってる車の雰囲気をみても納得できる年数です。
今は「飽きたから」とかいう趣味で乗り換えることはほとんどなく、一番多いのは故障が重なったときと生活スタイルに大きな変化があったとき、という感じです。
勤務先が変わった、定年になった、子供が生まれた、子供が独立した、などなど。
もう一つ思うのが、ドレスアップする人や、カー用品店でアクセサリーを買ってきて取り付ける人、も減ってます。

今一番飾り立てる人は意外に40代ぐらいの人ではないでしょうか?純正のオプションカタログと首っ引きであれやこれやと楽しむ人たち。
その人たちの青春は「プチチューニング」と「アクセサリー用品」とともにあったようです。

今の20代の人の方がノーマルのままで載ってるような気がします。





posted by てんちょー at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1742495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ