2017年07月18日

泉大津でカーエアコンのガス規定量充填してますよ

エアコンガス足りてますか?

夏真っ盛り
この季節には必須アイテムのカーエアコン。
ここ最近はガスの重量管理も知れ渡ってきて「ガスの量を見てください」とか「自分でガス量を把握しておきたいんです」というお客様が増えてきました。

カーエアコンガスリフレッシュとかエアコンガスクリーニングとかいろいろサービスの名前はありますが、リフレッシュもクリーニングも的を外してます。
新しいガスもきれいなガスも二の次でほんとに必要なのは

ガスが規定量でしっかり働いてるか?

が大事なのです。
当店では最近 規定量充填サービス という名称で告知させてもらってます。



カーエアコン整備機器の名門 デンゲン製
そこが開発した
エコマックスジュニアU

写真の通りこの機械が何をするかというと
++全自動でエアコンガスを回収して再生して充填する装置++
ss-P1100924.jpg


以前の記事でも少し書きましたが、エアコンガスは「重量管理」
つまりは重さでガス量を監視することになっています。
これが正しい整備です。
以前であれば

「ガス圧」

とか

「ガス管の中をのぞき窓から見て、泡の量で推測する」
(のぞき窓のことは一般的に「サイトグラス」と言いますね)

という方法でした。
しかしそれではあくまでも「だいたいこれぐらい」しか量れません。
「圧力と量」では単位が違います。

しかも最近の車はその決まった量で最大限エアコンが働くように設計されているので、ガスの量が多くても少なくてもエアコンの能力は下がってしまうのです。

整備する側もその許される誤差内にガス量を調整してこそプロの仕事。

なのでただでさえ夏の気温が高い大阪で整備業をやってるのですから、少しでも快適な夏を迎えてもらえるようにきっちりとしたエアコンガス量の管理をしていきたいと思って導入しました。


エコマックスジュニアUをお車につなぎます。
ss-P1100899.jpg


夏場はエアコンの冷えにパンチがない、との自己申告がありました。
吹き出し口の温度測定。

ss-P1100900.jpg
同時にエアコンガスサイクルの圧力でおおよそのエアコンの状態を推測します。
状況を把握するには相変わらず圧力は値としては必要ですよ。

では作業スタート

一旦エアコンシステムの配管内の既存のガスを全て回収します。


ss-P1100901.jpg

最初は内部の圧力で自然に機械の中に入ってきますが、最後はそのまま配管内が真空状態になるまで徹底して引き抜きます。
このとき規定量を回収できるのが普通なのですが、そこまで回収できないということは、いままでの使用過程でガスが少しずつ洩れてたということになります。
真空引きにはもう一つ意味があって、配管内の水分も真空状態で「蒸発」して一緒に出てきますので配管内の水分を除去できます。
真空にするのはエアコン整備では基本中の基本です。
ss-P1100902.jpg


真空引きが終わると回収したガスの不純物をクリーナーで除去しながら車両に戻していきます。
このとき規定量より回収できたガス量が少ない場合、自動的に新しいガス缶より補充して規定量を充填します。
ここが素晴らしい仕組みだと思います。
ss-P1100906.jpg


エアコンが冷えない原因は多義に渡りますのでガスの量も診断の中の一部です。
しかしまずは土台になるのは「ガスがきっちり規定の重量で入ってるか」からスタートです。
それでなおかつ冷えないのなら診断ステップが次へと進んでいくものです。


今シーズンの作業例の一部です
ツイカジュウテンガス と言う項目に注目です。

エクシーガのエアコンガス
ss-img_20170621_011216.320.jpg


ミゼットUのエアコンガス規定量充填サービス
ss-img_20170622_0144517.317.jpg


アクセラのエアコンガス
ss-img_20170624_125334.476.jpg


イプサムのガス量
ss-img_20170629_234138.113.jpg


EKワゴン平成14年式のガス充填
ss-img_20170708_194926.918.jpg


グランビアはデュアルエアコンなので規定量多いですね
ss-img_20170714_112007.243.jpg



ワゴンRはマイカーを作業して気に入っていただいて社用車でリピートされました。
ss-img_20170714_164127.006.jpg


平成16年式デミオ ほぼエアコンは効いてませんでした。
ss-img_20170715_164152.750.jpg

最後のデミオのお客さんは昼間はほとんど効いた感じがしないという事でご入庫。
登録13年間一度もエアコンメンテはしたことがないということで残りは規定量の30パーセントでした。
これでは効かないですね。


規定量もオプションのコンプレッサーオイルの缶に含まれるガス量を引いたり、規定量の許容があったりするのでいろいろ設定はケースバイケース。
このあたりの判断も必要です。

費用は
エアコンガス規定量充填サービス基本工賃 5000円

エアコンガス補充 10g100円(充填した量で価格は変わります)

エアコンコンプレッサーオイル 純正同等 1500円
冷却強化型パワーダウン防止オイル 3000円
Pitwork製NC-200使用
(オイルはどちらか選択になります)
(税別)

時間は30〜60分

※ 最近のトヨタのハイブリッド車などに見られる「電動コンプレッサー車」には対応できません。

作業員は自分一人ですので予約制になってしまいます。
突然のご来店では対応できないかもしれませんので事前にお問い合わせ・日程相談をお願いします。










posted by てんちょー at 01:01 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ