2017年08月30日

エアバッグリコール未対策車は車検の有効期限延長されない

国交省、タカタ製エアバッグのリコール未改修車両約170万台に車検で有効期間を更新しない処置

2018年5月以降、タカタ社製エアバッグ搭載車両でリコールの案内が届いてるにもかかわらず対策が行われていない車両は車検が通らなくなるそうです。

国土交通省は8月30日、タカタ製エアバッグのリコール改修促進のため、異常破裂する危険性が高い未改修車両の約170万台について、車検で有効期間を更新しない措置を講じると発表した。施行時期は2018年5月を予定している。


02_s.png

03_s.png


国交省によると2017年7月の時点で国内の改修率は78.1%で、約410万台の未改修車があるとしている。このうち異常破裂する危険性が高い未改修車の約170万台については、車検で有効期間を更新しない措置を講じる。

 対象となるのは2017年4月以前にリコール届出されているもので、異常破裂する危険性が高い特定のインフレーターを使用したエアバッグを搭載した未改修車。

 車検申請を受けた運輸支局等では、自動車登録検査業務電子情報処理システム等を活用して、措置対象未改修車両の場合は車検で有効期間を更新しない。該当する場合は、ディーラー等にて改修を行なった上で車検を受けることが必要となる。

 なお、国交省では今回のリコール改修促進策について、電子政府の総合窓口(e−Gov)において8月30日〜9月29日の1カ月間パブリックコメントを実施する。



引用元 http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1078217.html



いままででもリコールが出てるお車で、車検を受けると車検証更新時に

この車にはリコールの案内が出ていてまだ対策されていないので速やかにリコール作業を受けてください

という案内文書が一緒に発行されてましたが車検そのものは通ってました。
有効期間は取りあえず更新されてその後でも作業をすれば良かったのですが今回はその措置から一歩進んだような扱いですね。
それだけこのエアバッグ問題が深刻で、なおかつ現存車両が結構多い上に対策されていない車も多い、という扱いを受けてると言うことなんでしょう。



とはいうもの現実的な実情と照らし合わせると、整備業を営むものも検査場へ行ってからリコール未対策車と言うことがわかった、てなことで約束の納期が遅れたり、ディーラーもすぐに作業できるかどうかは人的なキャパに限界があるのでパンクしてしまうかもしれませんね。
そうするとますますお車を預かる日程が伸びるということになりいろんな面で困った場面が出てきそうな予感がします。







posted by てんちょー at 23:04 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ