2017年11月20日

パソコンのカードリーダー

パソコンのカードリーダーが壊れたので交換

普段使ってるマイパソコンは自分で組み立てたもの。
いわゆる自作機といわれるマシンです。

自作機のいいところは壊れた場合その部分のパーツを交換すればずっと使えるところ。
メーカー製のパソコンであれば独自規格の部品を使ってるのでこうはいきません。
パソコンのパーツは大きな規格変更がなければ共通規格で使い回せるのがありがたくも有り、メーカー側もコストダウンになるわけでみんな幸せ(笑)

今回はカードリーダーといわれる部分の不具合が起こったので新しいものに入れ替えます。
パソコン工房にて適当な機種を。
あまり聞いたことないメーカーですがパソコンのパーツに品質を求めるのもどうかというのも悲しい現実。
転けても泣かない自己責任の世界です。

ss-P1170353.jpg


自分で部品をチョイスして組み立てたパソコンは中身を把握してるので何をするにもスムーズに行きます。
まずはカバー関係を分解

ss-P1170345.jpg



古い壊れたカードリーダー

ss-P1170346.jpg



今回取り付けるリーダー

ss-P1170347.jpg



本体取り付けたらサクサク配線

ss-P1170348.jpg

ss-P1170349.jpg

ss-P1170351.jpg

ss-P1170352.jpg




外箱閉めたら完成。

ss-P1170350.jpg



昔、車をいじってた人はパソコンの自作にはまりやすい傾向があると思います。
投資すれば性能に跳ね返る、とか、自分の好みの性能を得られる、というような部分が一緒だからでしょうね。

自作機を好むひとは文系も理系もないと思います。
うまく説明できませんがその人の持ってるセンスが合致する人はスコっとハマってしまうようです。
凝り性な人もそう。
生活環境に合理性を求めるのが好きな人とか・・・


パソコンの修理やら手入れをしてそれがうまく行くとストレスから解放されて安堵の時間を得られます。
これがごねたトラブルになれば究極のストレスになる両刃の剣なんですけどね・・・(遠い目)







posted by てんちょー at 01:41 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ