2017年12月08日

車の冷暖房について

車の冷暖房では実は冷房装置しかない

ふとネットで見つけたことばで

車には冷蔵装置と送風装置しかない

という文字列


これはなかなかすばらしい簡潔な説明だなと思いました。


意外に思われるかもしれませんが的を射た説明です。
つまりは車室内の空気を冷やす装置は別途必要だが温めるための装置はエンジンから出た熱を冷却水を介して利用してるだけなので送風さえすれば室内は暖まると言うことを表してます。

エバポレーターという部分が「冷蔵」装置として冷たくなります。
これを冷やすにはいろいろ仕組みやらエンジンのパワーは必要になります。
ヒーターコアと呼ばれる部分はエンジンが掛かってる間はエンジンを冷やした冷却水をお裾分けしてもらってずっと温水が流れています。
ヒーターコアに送風するだけで自然と温かい風になって出てきます。

エバポレーターを通った空気とヒーターコアを通った空気をどれだけ使うかを仕切り板で分けてるだけなのです。
夏であってもヒーターコアは思いっきり熱くなってますが一切空気を通さないようにしてるので冷たい風しか出てこないので室内が冷えます。

aircon.png画像はネットで借りました


こういう風に簡潔でズバッと言い当ててる説明文を思いつく人を尊敬します。






posted by てんちょー at 20:38 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ