2018年01月27日

タイヤの劣化でひび割れから空気漏れ パンク

久しぶりにタイヤの劣化が原因のパンクが入庫

タイヤの劣化からサイド部分がひび割れてとうとう空気が漏れてしまいました。





今回はたまたま駐車中の空気が漏れて乗ろうとしたときにぺしゃんこだったので大事に至りませんでしたが、走行中、それも高速道路だったらタイヤがバーストして大変なことになってたと思います。
タイヤというと車検の基準は「溝の深さ」が明確な基準で、残り溝1.6o以下は駄目、と決められていますが、劣化の基準は定められていませんので、ユーザーや整備工場などの判断が全てとなります。
劣化は年数で起きます。
使っても使わなくても6年過ぎたら劣化を視野に入れて、そろそろ交換かな〜と準備をしておいて間違いないですよ。
溝のあるタイヤを交換するには勇気が要りますが・・・・






posted by てんちょー at 00:55 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ