2018年11月14日

MRワゴン ヘッドライト交換

太陽の紫外線によるヘッドライトの表面劣化は避けがたいものです

ヘッドライトの表面の材質がガラスからポリカーボネートというプラスチックに変わってから白く濁ったり黄色に変色したり・・・

紫外線による劣化なので青空駐車&会社の駐車場でも炎天下、というお車は短期間で症状が現れてしまいます。
意外に一般の方はそれが日光によるものだとはご存じないようです。
単に「車が古くなってきた」というのが理由だと思われてるんですよね。

「お日様に当たらないようにしてたらいつまでもきれいですよ」

と説明するとびっくりするんです。

では劣化したヘッドライトを復活させることができるのか?



ちまたではいろいろ復活させるケミカルグッズやら物理的に削ってその後をコーティングしたりクリアー塗料で塗ってみたり、とそれこそ「我こそが最高の方法です」と売り出してます。

たしかにどれをとってもそれなりに効果がありヘッドライト本体を交換するよりはコストを抑えてそれなりに復活させることはできます。
自分でもいろんな方法を試して「よし輝いた!」と満足してますよ。

でもやはり

新品のヘッドライトに交換

に勝る方法はない、と断言しておきます(笑)
ご予算が許すのであればやはりこれしかないでしょう。


決断なされたお車がここに。

どうしても夜間走行が辛いということでヘッドライト交換しました。
交換にはそれなりの手順が必要です。

ss-DSC_7136.jpg

ss-DSC_7137.jpg


古いヘッドライト

ss-DSC_7147.jpg



そして新品の箱を開けたときの感動&このどんな手法を使っても得られない輝き

ss-DSC_7146.jpg



ヘッドライト完全復活!!

ss-DSC_7151.jpg



ユーザーさんが完成したお車を迎えに来られたときは既に日が暮れていました。
そしてご自分でお乗りになってヘッドライトオン!

「これでないと」

との感想を残され愛車と共にお帰りになられました。


自分の車も交換したい・・・








posted by てんちょー at 22:48 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ