2019年10月16日

ハードディスク データー救出

パソコンレスキュー 久々の作業



久々というか忘れた頃にご依頼があるハードディスク内部データー救出。
うちのお店とお取引のあるお客様へのスペシャルサービス(笑)
「パソコンレスキューフタバ」の開店です。

ハードディスク(以下HDD)はある日いきなり中身が見られなくなります。
消耗品です。
永久的にデーターを保存するなんて事は一つの入れ物では到底夢物語です。
なので【バックアップ】必須です。
たぶんどこでもここでも耳にたこができるほど聞いたことが有る話だと思います。
でもデーターにアクセスできなくなって大変なことになるんです。

今回も外付けハードディスクにため込んだ大事なデーターにアクセスできなくなってしまいました。

アクセスできなく理由は多義に渡りますので一つ一つは書いてられませんが、素人レベルで、なおかつ趣味で救出できるかどうかは

「その人の日頃の行い」

つまりは

「運」

ですね。


というわけで持ち込まれたのはこれ

ss-DSC_0129.jpg


もう一つ困難な事情はこの外付けHDDはMacで使われていると言うこと。
うちではMacの環境はありませんし何よりも自分自身もMacOSというものに触れたことがないのでその時点で暗雲・・・

お客さんがおいでになる前に下調べでMacで使われているファイルをWindowsで見るには?とGoogle先生に聞いたところ、有るもんですね。

ファイル変換アプリ HSFExplorer

これでHDDそのものが動くのであれば読めそうなのでHDDが物理的に壊れてないかを祈るのみ。
とりあえず自分のパソコンにつないではみたけど反応無し。
USBにつなげるための基板がヤバいのかと中身をムキムキ。

ss-DSC_0130.jpg

ss-DSC_0131.jpg


結果的にはこの小さな基板が死んでたようで、直接HDDそのものをつないだらなんとか動き出した。

ss-DSC_0133.jpg


これがパソコンにつなぐときに使う統一規格のコネクターの形。

ss-DSC_0134.jpg



ならばということで接続ボックスに突っ込むとHDDは認識。
但し中身はMacのHDDなのでWindowsからは見えない・・・
なので変換アプリのお世話になって中身を抜き取り。

ss-DSC_0136.jpg

ss-DSC_0139.jpg


しかしこの変換がマシンパワーを最大限使っても時間の掛かる話で、お祭り期間中マイパソコンはほぼ2日動いてました。


物理的に壊れてなかったので無事引き出すことに成功しました。
HDDを持ち込まれるときのユーザーさんの悲壮な表情は何度見てもプレッシャー。
うまくいくかいかないかは何の確証もないのでこちらも緊張しますね。


うまくいったのでユーザーさんはきっと「運を持ってる人」なんですよ・・・







posted by てんちょー at 21:19 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ