2008年10月05日

入魂式

地元のだんじりが大修理から帰ってきて、今日は入魂式。

s-TS3E0289.jpg

てんちょーが参加するお祭りのだんじりの入魂式。
「元町」という町名のだんじりです。
今、泉大津にはこの町名はありませんが昔、お店のあたりは別の町名だったようです。

1年間かけて大修理、自動車の修理風に言うと「オーバーホール」です。
各部品ばらばらにして、わるいところを点検、痛んだところを修理やら追加やら交換、組み付ける前に各部品を洗浄、最後に組み立てて完成!
まさにオーバーホール。

今回は自動車で言うところのトレッド(タイヤとタイヤ左右の間隔)拡張やら、いろいろだんじり土台から細部に至るまで大幅な改造を受けました。

だんじりを車にたとえると、岸和田のだんじりはいかに早く曲がるかを誇りにしてます。
車ならF1のスポーツカーという扱いではないでしょうか?
各部が繊細で研ぎ澄まされた感じがします。
まさにF1でしょう。

泉大津の海側の地区は「かちあい」といってだんじり同士をぶつけます。そのため衝撃に耐える構造になってます。
たとえるなら戦車か装甲車といった感じかな(笑)
早く走れなくても強くなければならない宿命なのですから・・・。





posted by てんちょー at 12:03 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ