2008年11月01日

ソフト99が売ってるワイパー

昨日新聞広告を見てたらワイパーについてちょっと気になる広告が。


ソフト99がワイパーの広告をしてました。

内容は、ワイパーの拭きがわるくなってきたらゴムだけでなくブレード(つまりゴムの土台)ごと替えれば女性でもかんたんに交換できて合理的、とのこと。

photo01.jpg

photo02.jpg

photo03.jpg

photo04.jpg

photo05.jpg

photo11.jpg


確かに、ブレードごと替えればかんたんで、なおかつあんまり車種にとらわれることなく、長ささえ合わせれば誰でもできます。

けど、その替えたゴム付きブレードが劣化したときのことを考えて欲しいんです。
だいたい青空駐車であれば1年過ぎればゴムが堅くなってきます。
拭き取り能力は2年後の車検まではまず持たない。
車検で劣化してるとその自動車のワイパーゴムだけ注文するんですけど、注文されてやってくる部品はその自動車が出荷されたときに付いてるブレードに合わせてゴムが出荷されて来るんですよ。
それが交換されて規定のものでないと、

また土台も注文しないとそのゴムが付かない

からだめなんです。
となるとブレードの代金が二重にかかります。
そのときにまたソフト99のゴム付きブレードが手に入ればいいですけど、そんな部品ルートは普通の修理屋さんにはありません。

車検後に替えれば、とか思うでしょうけど車検時にワイパーの機能がしっかりしてないと検査が通りません。

一時、トヨタ共販がブレードごとの部品(しかもゴムだけより安い)を出してたときがありますが、環境問題なのか今はなくなりました。
ゴムだけでいいものが金属部分もゴミにでるから・・・

ちょっと時代に逆行した商品やな、と。
ゴミの分別に従えばゴムと金属部分に分けてから捨てないとだめです。

環境問題がどうのこうのという記事がいっぱい載ってる新聞の載せてるから余計に違和感があったのかも。





posted by てんちょー at 14:18 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ