2006年12月15日

住基カードの偽造

最近よく住基カードを偽造して他人になりすますという事件が多いですね。

自動車の登録をするためにワンストップサービスが進みつつあるとは以前に書きましたが、思うようには進んでないようです。
このまま行くとパスポートの発行システムがなくなったように自動車の登録サービスも従来と変わらないようになるような予感。

そのパスポートにしても、ワンストップサービスにしてもまずはなくてはいけないのが住基カードのはずで、写真入りの住基カードは確実な身分証明書として公的に認められてるはず。
でも作るときの本人確認がおろそかではなにしてるこっちゃ状態ですね。
健康保険証を元に姉になりすまし年齢をごまかしたり、全く他人になりすましたり。
もうちょっと本人確認の方法を考えないとまずいんじゃないでしょうか。

ついでにおもろい話でこないだレンタルビデオ店で会員登録するときに「免許証」って言われたので「住基カードではだめですか?」ときくと「何ですかそれ?」っていわれた。
身元確認は免許証でないとだめなんです、と店員が言うしパネルにもそう書いてある。
けど次に行くと「写真入り住基カード」が追加になってた(笑)

まあその程度に認識や普及なので電子行政??はまだまだ先ですね。


↓ 反応があるとやる気が出るのでぜひ押してください。








posted by てんちょー at 00:54 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ