2008年12月26日

もみじマーク義務化撤回

もみじマークの表示義務化が撤回だそうです。

75才以上の人がもみじマークを表示せずに運転した場合、反則点数1点、反則金4000円、が撤回されます。
一度改正された道路交通法が、半年でまた改正です。

表示義務から表示努力へ戻るのです。

戻る理由が、いろいろ取りざたされていますが、つまりは老人を邪魔者にするなという世論と、そういうことにだけは敏感な議員さんの活躍があって、働きかけが強まったんでしょう。
せっかく案を出し、決議をもらったお役人さんは悔しいでしょうね。

当店のお客さんのお話では、表示してなかった人がこれをきっかけに表示を始めると、クラクションを鳴らされる回数が減ったり、威圧的な幅寄せを受けることがなくなった、と喜んでる人が多いです。
結構みんな自主的に表示してる人が多いと思うのですが、「義務」だから仕方なしに表示してるんかなあ?

初心者マークは「恥ずかしいから」という理由で表示しない人が多いような実感を持ってますが(自分もそうでした)、自分が歳を取ったときにはもみじマークを表示するのはあんまり抵抗はありません。
表示することで歳を取って反応スピードが落ちた自分が原因で、車の流れの乱れが減るのなら、一番自分を守る手段だと思うからです。

そのころにはもみじマークそのものがデザイン変更になってるでしょうけど・・・
なんたって「マークの黒縁が不吉」とまで理由付けが行われるのですから。





posted by てんちょー at 18:30 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ