2009年03月19日

ハイエース No1

ハイエースが2年連続1位だとさ・・・・


何のことかというと盗難車数!

ほとんどが外国へ密売輸出されていきます。
外国ではハイエース神話なるものがあり、壊れにくく、よく働く、いい車のNO1がハイエース。
それ故「需要」が供給を上回ってる状態です。

最近は東南アジアあたりの産業が発展してきたので余計に需給のバランスが崩れてるので、被害が多いらしい。
その結果、今年の集計ではなんと「トラック」が上位に顔を出してきたらしい。

順位は
 ■自動車盗難の上位車種

1.ハイエース

2.ワゴンR

3.マークX

4.ランドクルーザー

5.セルシオ

6.カムリ

7.クラウン

8.インプレッサ

9.スカイライン

9.ムーヴ

11.エルフ <--トラック

    …

14.レンジャー <--トラック

    …

18.キャンター <--トラック



昔、警察で、

「ワゴンRは鍵が弱いんですか?」、ときかれて

「どういうことでしょうか?」と聞き直すと

「軽でパクられる数が一番多いんできっとドアロックが弱いんやと思います」 という。

「単純に人気があるのと、保有台数が一番多いので確率の問題やと思います」

と答えておきましたが、盗難数が多いと鍵が弱いのでは?と推測されてしまうんですね。
はっきりいってどんなくるまでもドアをつぶすつもりで作業されたらドアロックなんてあってないようなものです。
クラウンでドアの外板を「切開手術」された車もありましたからね。

車の室内は、ただの公道と一緒、という認識を高めないと、車上荒らしも減らないでしょう。
被害に遭う車は、車外から見えるところに金目のものが見えてることが多いです。
500円玉がコインホルダーに入ってただけでガラスを割られた車もあります。
手提げ金庫を助手席においてコンビニへ入り、5分でガラスを割られて持って行かれたとか・・・・

「見えないようにする」

だけでもかなり被害に遭う確率が減ると思いますよ。





posted by てんちょー at 12:19 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ