2009年03月22日

ヤマハ アプリオ

お友達から動かなくなったヤマハのアプリオという原付バイクをもらいました。

とりあえずいろいろ調べてみますとアプリオとはヤマハの原付バイクでJOGシリーズの一機種です。
4JP1という4JPシリーズ第一号です。走行距離は9500q。
いままでヤマハのバイクというものを一度もいじったことがないので、どんなバイクなのかもさっぱりわからず調べてわかったのがこれぐらい。

数年間乗らずに放置されていたと言うことなので、復活させて動くようするため診断開始!!


まずは周りについてるプラスチックのカバーを全部とっぱらいます。
s-P1000299.jpg
組み立てた順番に爪で組み合わさるように作ってあるので、分解する手順を間違うとうまくばらばらにできない。
この時点で数時間考えながら分解。
分解図でもあればあっという間に分解できるのでしょうが、自動車なら整備マニュアルも備えてますが、さすがにバイクの整備マニュアルなんぞうちにはないし、何より慣れてないから勘が働かない。
とりあえず今後の整備も考えてマニュアルは注文しました。


お休み期間中に診断して目に付いたところ


★バッテリーはさっぱり寿命 交換
変なバッテリーがついてるから高い!


★ガソリンタンクの底に雨水と錆とゴミがいっぱい。
ホースを抜いて、ガソリン入れながら洗い流したり吸引したり。


★ガソリンが流れてこない。
このガソリンコックはエンジンがかかったら自動的にガソリンを オンオフしてくれるんですが分解してみたら水垢と錆で使い物 にならないので交換。
s-P1000319.jpg


★エアーフィルター 溶けてなくなってました。
いつからフィルター無しでこのエンジンは動いていたのか?
現状を写真撮るのを忘れてて洗い流したあとの写真。
s-P1000303.jpg


★キャブレターの中は腐ったガソリンと2ストオイルと錆でこてこて。
細い通路も全部詰まってたので思いっきり掃除。
これは完了後の姿。ちゃんと掃除できてるかな?
s-P1000305.jpg


★キャブレターからエンジンまでの配管。ひび割れてます。やむなく交換。
s-P1000308.jpg


★その下にあるリードバルブという部品。とりあえず使えそうですが、ここまで分解したのでついでに交換しておきます。
エンジンが吸った空気を逆流しないようにする大事な部品です。
s-P1000312.jpg


★エンジンのクランクケースの中。何か一杯ゴミを吸ってます。
フィルターの破片かもなあ。
s-P1000316.jpg


★プラグなんかも無条件で交換。
イリジウムタイプを買ってきた。


★リヤのショックアブソーバーもオイル漏れしてるし、前のサスはダストカバーが破れてる。


★ホーンが鳴らない。


★シートのロックが動かない。


★自動変速のベルトも堅くなってるし、やせて細くなってるので交換


などなど・・・・・



ついつい普通に復活させる以上に、チューニングまで考えてしまうおっさん世代の好奇心爆発で、しばらくおもちゃにしそうです。
まだエンジンがかかると決まったわけではないのですが・・・・

仕事の合間をみてちょっとずつ仕上げていきますか。


※原付バイクの整備は趣味の領域でお仕事ではありません。
念のため申し添えます(笑)





posted by てんちょー at 18:57 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ