2009年03月26日

アプリオ その3

最初に診断した時のアプリオ復活計画は80%完了。

エンジンも無事かかり、変速機用のドライブベルトも新品にしました。

変速機は最終の出力部に金属製のギヤを使ってます。
昨日届いた整備マニュアルによるとギヤオイルは1万qごとに交換らしい。
9500q走ってたので、入れ替えました。
出てきたオイルはそこそこ汚れてたので、替えて正解だったようです。
ネットの情報によるとヤマハ純正のオイル粘度は75W-90らしいですが、手元に80W-90があったので、それに交換。

これが今まで替えた部品。
s-P1000349.jpg




型式がレアであまり流通してないバッテリーが、やっと今日届きました。
このバッテリーは外国でのコピー品が2000円からあるし、正規品だと1万オーバーのバッテリーです。
さすがにコピー品は先行きが見えてるのでとても怖くて手が出せない。
目先の安さにとらわれてはいけません。

車のバッテリーより高いのはやはり流通量の差でしょうか?
車でも、その車専用、みたいなバッテリーはむちゃくちゃ高いですもんね。

正規のバッテリーはバッテリー液が別に添付されてくる事が多いので、使うときに注入します。
バッテリーの寿命は液を入れたときから人生が始まります。
この場合使い始めが、そのバッテリーのスタートになります。

そのままでも使えますが、ここでちょっと補充電をして上げると、「しっかり働くいいバッテリー」になります。
s-P1000351.jpg




現在部品待ちは、前後のタイヤとオイル漏れしたリヤショック。

まだまだ続く・・・・・・





posted by てんちょー at 12:02 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ