2009年07月03日

トイレの温水便座

トイレの温水便座が壊れた。

ことの始まりは人がトイレに入ると暖まるはずの便座が、反応しないことから始まったのです。

うちの便座は人体センサーがあって、人が便所に入るとその時点から便座を暖め出すのです。
普段は通電してないので節電になるというタイプ。

その人体センサーからの赤外線信号はでてるのに本体がキャッチできてないようで、電源を抜いて再起動させると正常に動き出しますが、何回かするとまたダウン。
そんなときはついでにおしりを洗うボタン側のリモコンも効かなくなります。
せっかくおしりを洗いたいのに水が出なくて悔しいなあと思って矢先、事件発生。

その時も入った時点で調子が悪かったので再起動させてから用を足し終わり、洗浄ボタンをおして洗い終わったあとに停止ボタンを押したんですが、


洗浄のための水が止まらない!!


さーて困った・・
こんな時にリモコンが反応しなくなってしまいました。
さてこのまま立ち上がったら便所中水浸しになるし服も濡れる・・・

考えてるあいだ中も
ずっと『洗浄中』

ボタンを何度押しても止まらない。
水圧を弱めようと調整ダイヤルを回しても反応無し。
しまいにはおしりが痛くなってきた・・・・


そうだ電源を抜こう!! 俺って天才!


そのまま立ち上がっては噴水状態は避けられないので、おしりで洗浄水を防ぎながらコンセントをやっとの思いで抜いたとたん、慣れない格好に腰がつって、便所のなかで「いてててて」、と孤軍奮闘 (-_-;)





ただ今ジョーシンの5年保証で部品交換中。
やはりモーターがあったり動く部分がある電化製品は5年保証に限りますね。
ちょっと得した気分。





posted by てんちょー at 16:39 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ