2009年07月09日

自動車保険値上げ

来年4月頃に自動車保険の基本料率(算出の元金額)が値上げなんですと。

 損害保険料率算出機構は7日、自動車保険の保険料を決める際の基準となる「参考純率」を平均5・7%引き上げたと発表した。保険料が高い若年ドライバーが減少しているほか、高齢者の事故増加で保険金の支払いが増えているためで、引き上げは平成12年以来9年ぶり。損害保険各社は個別に保険料の値上げ幅を決めるが、来年度にも一斉値上げする見通し。事故の多い高齢者ほど上げ幅が大きくなる見込みだ。




という新聞記事です。



この中でも目をひくのは一番最後に書かれてる『高齢者の保険料値上げ』でしょう。
もう何年も前から「そのうち高齢者は保険料が高くなるかもね〜」と、冗談っぽく話をしてましたがとうとう現実の物となりますね。

今までなら年齢制限の特約といえば○○才「未満」不担保、というのがスタンダードだったんですが○○才「以上」不担保、となるのでしょうね。
保険会社の発表する保険料の計算は「いくらもらっていくら支払ったか」が全ての基礎ですから、高齢者がどれだけ事故を起こして、それに対していくら払ったかが決め手です。
65才とか70才とか年齢ラインが設定されて、それに基づいて支払った金額統計を取って各年齢ごとに保険料が決まるんでしょうね。



とはいうものの高齢運転者マークの時のようにまた某政治家が「年寄りいじめだ」とさわいで、今回は見合わせ、となったりして・・・・
その頃には大きな選挙はないか(笑)






posted by てんちょー at 12:06 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ