2009年07月14日

アリオン エアコンが冷えない

トヨタアリオンがエアコン冷え不良で入庫。
突然夏空になったらのでシーズン特有の修理です。

アリオン16年式、走行73000キロ。
話を聞くとどうやら設定温度にならないのに、コンプレッサーが止まってるような雰囲気。

手順通りガスの量やら圧力を点検。
エアコンシステムには異常はないようです。
そうなると後は電気的な制御に異常があるような感じ。

症状が現れないのでしばらく走ってみると明らかにエアコンの吹き出し温度が上がってくる。
その状態で店に帰りもう一度ガス圧を点検。
するとコンプレッサーがやはり切れてる。

こうなると切れる原因を・・・・と考えると、設定温度の関知に問題があるのかな?、と。
ひょっとして風量が足りなくて、冷えすぎになってるのでは、と思い直しエアコンフィルターを外してみた。

ひえー こんなになってる。
今まで一度も交換した痕跡がありません。
s-P1000707.jpg

フィルターのひだひだがほこりなどの汚れで全部埋まってて、見るも無惨です。
ドライバーでほじほじしてみたらやっとフィルターの土台が見えてきました。
s-P1000710.jpg

参考までに新品と並べてみました。
s-P1000712.jpg


結果的には、エアコンフィルターが詰まったことにより、風量が少なくなって冷やす能力がオーバーになるので、設定温度になった勘違いしてエアコンが切れたのが原因でした。

フィルターはそんなに高い物でもないので、そこそこ車検ごとに替えた方がいいですね。
エアコンがしっかり働けば、早く設定温度になるのでまわりまわって燃費に跳ね返ってきますよ。





posted by てんちょー at 16:11 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ