2009年09月12日

高速での逆走防止装置

最近高速道路での逆走防止の方法がいろいろ取りざたされてます。

ネットで検索してみると、

・センサーを使って逆走を関知

とか

・ナビと連動して逆走を関知したら運転者に警報する装置を研究

とかいろんな方法を考案してるみたいです。
でもなんかそれらの方法は全てお金がかかりすぎて普及するには何らかの負担が発生しそうな感じです。
その負担はいずれ消費者に回ってくるのです。
そうなるとますます普及が遅れていきます。

それでふと考えたのですが、あんまりお金をかけずに既存の設備を使う方法・・・・・
















高速道路っていろんな行き先の看板がありますよね。
あれって走ってるときは裏側なんか見ることないです。
裏側をルームミラーで見てる人もいないでしょう(笑)


そうなんです!
裏側が見えるということは逆走してるから!!!


それを利用してあの裏側に、

「あなたは逆走してます」

とか

「この看板が見えるということは逆走中」

とか・・・

「逆走」って大きく書いた看板をセットしたらそれだけで結構いけるんじゃないかと。

逆走するのはインターチェンジかパーキングエリアからが多いと聞きます。
幸いなことにインターチェンジやパーキングエリア近辺にはそれらを案内するでっかい看板が必ずあるわけです。
なのでその看板の裏を利用したらそれだけでかなり効果があると思うのですがどうなんでしょうね?











特許とれますか?(笑)





posted by てんちょー at 18:16 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ