2009年10月19日

電話の応対

保険の口座を変更しようとサポートセンターへ電話しましたがちょっと気になる言葉が・・・

おおきな会社になると電話口にでる人はほんとに丁寧・親切でよく訓練されてるなあと感じます。
お客さんへの接待の入り口ですから当たり前なんですが、その丁寧さに行きすぎがあると何となく変な日本語になってるような。

というのも

「お調べしますのでお待ちいただいてよろしいでしょうか?」

という。

待つことを質問してどうするねん、と心の中で突っ込んでしまった。

漢字変換のATOKの親切な表記間違い指摘機能でも「謙譲語と尊敬語の混同」とでます。

「言葉というのは生き物でその時代その時代で変わっていくのだから、一概に間違いとは言えないものもある」

と聞いたことがあるので自分自身が時代について行ってないのかなという気持ちもありましたが、やっぱり変に感じたのは間違いではなかったのかな。





posted by てんちょー at 16:33 | Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
こんちわ。
俺も少し前、会社のイベントのとき、ある先輩がお客さんをお待たせする際に、「どうぞ、お掛けになってお座りください」という言葉を聞いて、一人爆笑してしまいました(笑)
Posted by ひろし at 2009年10月24日 19:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ