2010年02月01日

泉大津商店街火事その後

あちらこちらの新聞に載ってますが旭小学校から商店街へプレゼント

ほのぼのとした話題ですね。

2010年1月31日

火災に負けないで 児童が千羽鶴贈呈
 大阪府泉大津市昭和町の市立旭小学校(石橋敏彦校長)の6年生児童144人が火災の被害にあった同市若宮町の泉大津中央商店街を訪れ、9千羽の千羽鶴と励ましのメッセージを贈った。

 同校の6年生は、25日に空き店舗などを借りて、お菓子や花などの販売体験学習をする予定で、すでに商品の仕入れなどをして準備を進めていた。

 ところが、15日夜、商店街で火災が発生し、店舗兼住宅など5棟約1200平方メートルを全半焼した。このため、体験学習は中止となったが、児童らは千羽鶴に励ましのメッセージを添えて贈った。

 商店街関係者の中には、涙を流して千羽鶴を受け取る人もあり、化粧品店を経営する同商店街振興組合代表理事、迫下英治さん(61)は「言葉では言い表せないほど、子供たちの気持ちがうれしい。一日も早く復興したい」。同校の石橋校長は「子供たちが自発的に考えて行動した。地域というものを学ぶ機会にもなったと思う」と話している。


(産経新聞 2010年1月31日 07:33)


いろいろ難題はあると思いますが、早い復興が望まれます。





posted by てんちょー at 15:20 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ