2010年02月15日

USBコネクターの修理

息子のパソコンのUSBコネクターが壊れたので修理。


「USBの刺すとこが割れた」と息子が言う。

「そんなとこ壊れるか?金属やのに」
と思いきや、コネクタの中の「ベロ」が割れたとのこと。

「あ〜、あの案内板な。斜めに抜いたりしたら割れるよな」と思いとりあえずその部分の基盤をパソコンから外すように指示。
幸いなことに次男はこういう所は割とすんなりできる「メカ派」です。

外した部品を持ってきたので、ここからはバトンタッチ。

写真は全て拡大できます。

s-P1000350.jpg

確かに割れてる。
さて修理するにはコネクターをパーツとして手に入れないとなあ。
これだけ買いに店を探し歩くのも遠いし、通販では送料ばかりかかるだけやし・・・・・

ふと目の前のジャンクボックスを見ると「USB増設カード」が目に入った。
これのコネクターを使い回そうと方針決定。


というわけでこんな感じで付け替え
ss-P1000348.jpg


こういう基板上の部品を取りはずすの時いつも困るのが半田の除去。

半田吸い取り編み線とか注射器みたいになった吸い取り式のものもありますが、いまいち使いにくい。
今回は溶けたはんだをエアガンで吹き飛ばす作戦で決行。
これがうまく行き割と短時間で部品を取り外せた。
sS-P1000352.jpg

プリント基板というのは、組み立てるときに半田付けをするにはとても気持ちのいいもので、今回もコネクター合計4個取りはずしに1時間。
2個取り付けるのに3分!

今度からはまっすぐにUSBを抜き差しするよ〜に・・・・・





posted by てんちょー at 10:14 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ