2007年03月21日

パソコンが壊れた

自分の使ってるパソコンが調子悪くなってきた。
起動時に失敗したりひどいときには作業中に再起動。
これはやばいと思って診断開始・・・・・・


自分のパソコンは一番修理したくないのと、事務机のあいだにあってなかなか分解しにくいのでほっておいたけど作業中に止まるとなるとやっぱりやばいので重い腰を上げてパソコンケースを開けてみた。
同じような症状では以前電源ユニットが原因だったので、またかなあ?と思いながら、また噂に聞く

「コンデンサー死亡事件」
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/6445/condenser/

かなと思いつつマザーボード(メイン基盤)を見てみたら、一目瞭然。
コンデンサーが爆発寸前やら、液漏れしまくりでふくらんでました。

あ〜やっぱりコンデンサーかぁ

というわけで原因はあっさりわかりました。
これを交換すればいいのです。
2種類のコンデンサーが必要で全部で17個!

部品代は90円×11個と50円×6個で1290円
たまたま同じ基盤のパソコンが我が家にはもう一台あるのでこの機会に2枚とも修理してしまおうと言うことでしめて2580円。
これでマザーボードがよみがえります。
修理に出せば1.5万円×2枚でしょう。

日本橋へ行けば部品は手に入りますが、時間もないし、高速代とガソリン代と駐車場代あわすと結構な「諸経費」がかかるので、通販で購入。送料払っても家にいながら手に入ることを優先。
宅配便やさんありがとう(笑)

通販の購入先は「RSオンライン」
配達が早いのでたまに使います。


ちなみにうちのコンデンサーはこんな状態。
中身がふくらんででてきてますね。
s-P1010037.jpg
クリックすると拡大。


2枚のマザーボードでこれだけあります。
s-P1010044.jpg
クリックすると拡大。


修理が終わったあと試運転。
無事動きました パチパチ!
ちなみに今これを書いてますが電源落ちも発生しないところを見ると無事修理完了のようです。
しかしこれでまたパソコン買い換えのきっかけをまた失ってしまいました。
つい「こうすれば直る」というのがわかると修理したくなってしまうのは性格です。
またしばらくこのパソコンとのおつきあいが続きそうです。


おまけ画像
コンデンサーの中身を見たくなったので分解してみました。
中学生の頃に一度分解したのですが久しぶりに見たくなった(笑)
紙に包まれた金属箔2枚重なって巻かれてます。
この紙にしみこませてある液体が今回の原因となるのです。
しかしこれだけで電気が貯まるのですからすごいですね。
ちなみにコンデンサーのはたらきは蓄電池。
s-P1010041.jpg






posted by てんちょー at 19:10 | Comment(0) | いんたーねっと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ