2007年03月28日

後部座席のシートベルト

もうしばらくすると道路交通法の改正が行われるようです。

今度の変更は、酒関係のさらなる強化、中型トラックのカテゴリー新設、後部座席シートベルトの義務化、などなどらしいです。

酒酔いの罰金が最高100万円!!
捕まった車の助手席の人や一緒に酒を飲んで「飲酒を勧めた」人なども犯罪者。

トラックの乗っていい免許の区分けが細かくなります。

後部座席の人がシートベルトをしてないときは運転者に罰則。

まだまだありますが、身近に関わってくるのはこのあたりでしょうか。
シートベルトに関してはいろいろ賛否はありますが、事故現場を頻繁に見る私たちはシートベルトのありがたみをよく知ってます。
はっきりと言えることは、エアバックよりよっぽど身を守る、ということ。
エアバック自体がシートベルトの補助装置という位置づけなので、当たり前なのですが、中には勘違いしてる方もちらほら。
「エアバックがあるから事故しても顔はうたへんやろ」と信じてる方もおられます。
そのときには「まっすぐ当たれば確かに受け止めてくれるかもしれんけど、そんな当たり方はまずしない。ほとんどちょっと斜めの状態で当たるから」とアドバイスしてます。

後部座席の人も事故の時、前のシートの背面で顔を強打して真っ青になって痛々しい人もお見受けしたことありますし・・・・

うちでは義務化は賛成です。





posted by てんちょー at 14:14 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ