2010年03月11日

高速道路料金変更先送り

高速道路料金上限2000円とか無料区間新設は先送りらしい


今朝の記事に載ってましたね。
乗用車の現行のETC車に限り1000円上限をやめて、全車種2000円上限案は選挙後に先送りとか。
しがらみがない新政権のようでやっぱりいろいろもの申す人がいっぱいおるようですね。

新案でも人気とりの一面が多すぎて実際の景気対策にはならんとは思ってましたけども。

私自身は昔から本当に景気対策するのならトラックを平日上限料金にして、まずは物流のコストを下げて、なおかつ遊びに行くために高速に乗る土日祝の乗用車を割り増しにするといい、と思ってます。
そうすれば一般乗用車はフェリーやJRも選択肢に入ってくるでしょうし、高速道路の維持管理の費用もいまほど持ち出ししなくても助かるのでは?
決して運送業界の肩を持つわけではありませんが、やっぱり物が動かないと景気は戻りません。

リアル販売より通販の伸びが拡大してるといいますがネックは送料です。
この送料が下がればそれはそれなりに購買力が上昇すると思うのです。

先延ばしにするといえばまたそれに文句を言う人が現れ、ひっくり返るかもしれませんけど・・・・・





posted by てんちょー at 11:09 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ