2010年03月15日

教習所

久々に自動車教習所という物に足を踏み入れた。


100315_1414~01.JPG

何とも懐かしい光景で、自分も今こうしてる来てる若者達と一緒やったんかなと。
所内の周回道路を走ってる教習生の何ともいえず緊張した表情や、S字やクランク、車庫入れに戸惑ってる姿を見ると先生達もどういう風の教えてるんやろうな?と思えてきます。

教習のシステムもかなり変わってるようで自分が習った時代から持ってる知識はことごとく通用しなくなってました。
「俺が教習所に行ってた頃は・・・」なんていう話をすると赤っ恥をかきそうなぐらいです(笑)

少子化は教習所にも影を落としてるようで、各所いろいろアイデアを出して教習生の獲得に躍起になってます。
先生はとても優しく、親切で、生徒の人気も獲得しないといけない時代だとか。
その結果で事故が増えなければいいと思うのですが、どうなんでしょう?
統計上はここ数年交通事故死亡者は減ってきてるようですが、ほとんどは飲酒運転撲滅運動のたまものだとも思えます。
ついでにお店の事故修理の売り上げも下がってるのはこの付随効果だと思います。

実際、運転レベルが上がってるのか、下がってるのかはわかりませんが、自動車も昔に比べて衝突安全レベルが上がってるのでますますわからないです。

「漫然」と運転する人が増えてなければいいな、といつも思ってます。





posted by てんちょー at 19:51 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ