2007年04月08日

高速道路の逆走

今高速道路の逆走事故が増えてるらしいです。


全国規模での話というのはあんまりピンとこないのですが毎日新聞に以下のような記事が、

 高速道などで反対車線を走る「逆走」による人身事故が、04〜06年の3年間に全国で109件にのぼり、うち4割を65歳以上のドライバーが起こしていたことが、毎日新聞の調べで分かった。判断力の低下が主因だが、標識の改修などで激減した県もある。10年後には65歳以上の7割が免許を持つと予測されており、早急な対策が求められている。


実はうちでもこれは聞くんです。
体験した人にお話を伺ったときにご本人曰く

「みんな反対向きに走ってて何事か?と思った」

とのこと。
つまりはその瞬間は全くの思いこみで行動なさってて自分が置かれた状況の把握にすごく時間がかかってるということですね。

幸い事故などにはならず事なきを得たので笑い話のようにお伺いできますが、一歩間違うと大変です。
こういう状況で「ナビは便利」といえるのでしょうか?
ナビを見て運転した結果判断ミスをすることもありますしねぇ・・・・

全く人ごとでなく自分も戒めないといけません。





posted by てんちょー at 16:39 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ