2010年05月06日

ダムまわり

和歌山〜奈良県の3連発ダムへ

和歌山県の橋本市から国道168号線沿いに南の方へダム3個見てきました。

まあ今回はダムもさることながらドライブの方が目的としては比重が多かったような。
高速道路無しで340キロ約10時間走りっぱなしでしたから。

粉河線(国道480号線)から外環経由で紀見峠・・・
橋本から山岳路線(笑)へ。

一発目は猿谷ダム
管理事務所改築工事でダム本体まで近づけず看板だけ
ちょっと残念。
ss-P1010074.jpg

そこから168号線を満喫しつつ次は風屋ダム。
そこに行くまでにある、かの有名な十津川の吊り橋。
谷瀬の吊り橋といいます。十津川の貴重な観光資源ですよね。

渡る人みんな腰引けてます(笑)
ss-P1010080.jpg

風屋ダム到着
このダムもすごくいい撮影ポイントの橋があるのに塗装工事中でスクリーンが張ってあってダム本体撮影できず。
これまた残念。
なんでダム関係の工事はみんな5月31日までなんでしょう?
なので写真はダム上。
ss-P1010115.jpg
ss-P1010103.jpg

3個目は二津野ダム
ここは河川維持放流で通常時でも放流は行われています。
ss-P1010121.jpg
ss-P1010122.jpg

写真ではわかりにくいですがすごい落差。
落ち始めた水が下に落ちきるまで数秒あるような落差です。
ここが洪水時に放流したDVDを持ってますが、それを見ると近寄りがたい迫力です。

さて3個見終わったのでここからは思いっきりドライブモード。
熊野の本宮大社の前を通ってから一路北上。
高野山まわりで究極のドライブルート。

二津野ダムまで行きは140キロ4時間。
帰りは200キロ6時間。
走りまくってすっきりすっきり。

ちなみに高速を使わない今回の場合、愛車ワークスは燃費19Km/l !
財布に優しい550ccの軽自動車です。





posted by てんちょー at 10:23 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
>「ここが洪水時に放流したDVDを持ってますが」

う〜む、さすがマニアック。(笑)
キダタローのCDやら、大滝詠一の「サイダー」のCMがい〜っぱい入ったCDとかなら持ってますが、ダムの放流DVDは持ってないっす(笑)
Posted by ひろし at 2010年05月08日 17:29
事務所に飾ってあります。
結構お客さんの受けがいいです(笑)

今度持参しますね。
Posted by てんちょー at 2010年05月09日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ