2007年04月18日

省エネグッズ

ガソリンが高くなってから省エネグッズがよく売れてるとか

某大手カー用品店などを訪れるとわざわざ省燃費コーナーとかいうものもできてていろんな用品が置かれてます。

シガライターに指すだけで燃費アップ
配線を増やすと燃費が上がる
エンジンオイルに混ぜると回転がスムーズになり燃費が上がる


もっとひどいものは 張るだけ 巻くだけ でOKとか。

この中で説得力のあるのはオイル関係の商品ぐらいでしょうか?
まあその商品にしてもエンジンオイルに混ぜる前提条件として「オイルを交換してから」、という一文があります。
エンジンオイルを交換すると車の性能は上がります。
人間でいえばドーピングですからこれは効果があります。
オイルを交換して添加剤でなおかつ補強、これはまだいいんじゃないでしょうか?

それ以外は。。。。。。。。。
正直言って私は信じることができません。
しかも自分でそれなりに実験してきましたし(笑)
出費は「研究費用」ですね。

以前にもちょっと触れましたが省燃費グッズで一番いいのは

燃費計

一部の車にはメーターに組み込まれてますが、あとから追加することができる商品が増えてきましたね。
いろいろあるので適当に見てください。
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=t&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLJ_jaJP174__175&q=%e7%87%83%e8%b2%bb%e8%a8%88

ずっと注視するわけにはいきませんが、絶対に燃費向上に効果があります。
自分が今運転してる状態やアクセルの踏み加減でこれだけの燃費だ、という状態を自分で知ることは大事です。
実際の値を見れば車の加速時には信じられないほどガソリンを消費してることを知ります。
ちょっとしたアクセルワークで結構燃費が上がることを知ります。

具体的な数字を知ることで燃費向上にはどんな省エネグッズより効果は大です。
参考までにうちにあるセルボでいうと、加速時には2Km/lまで下がります。
100Km/lで高速道路を巡航してると25Km/lあたりです。

これぐらい違いがある中で信号の多いちょいのりの使用状況で平均すると11Km/lあたりです。
エアコン使用してませんから夏場はもう少し下がってしまうでしょう。
こうして具体的な数字を見ると少しでも止まらないように運転しようとかして信号を読んだり、加速時にアクセルがゆるんだりします。
結果的にトータルの燃費が上がります。

訳のわからないオカルト的な商品に投資するならいまは燃費計に投資するのが結果的には元を取れるのではないでしょうか。





posted by てんちょー at 09:38 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ