2010年05月14日

N15 パルサー エンジンが掛からない

当店へ他の修理に行こうとエンジン掛けようとしたら掛からない・・・

FN15 パルサー 平成9年 走行19万キロ。
実は1週間ほど前に車上荒らしにあい、それの修理をするために当店へ出向く際にエンジン掛けようとしたら掛からないと言うことでレッカーにて入庫、という不遇なパルサーです。

とりあえず診断開始!
まずセオリーとしてバッテリー容量。大丈夫。
燃料ポンプ回ってるかな?。回ってる。
点火用の火花は出てるかな? 出てない・・・

というわけでコンピューター診断機を接続。
そうしたらエンジンの回転を監視するセンサーから信号が出ていないとの故障記憶が残ってます。
間違いなく原因はこのセンサーが働いてないので火花が出ないと言うことです。

というわけで部品の値段を調べるとなんと7万円!!

センサーはこの一部分なのですが、この「ひとかたまり単位」でしか部品として提供されてない
ss-P1010267.jpg



診断作業を一緒に見てたお客さんも「そりゃないでー、車検来たらもう乗り換えようかなと思ってたのにー」とのこと。


部品の程度の保証はでけへんけど中古の部品探してみる?
と相談がまとまったので中古品を探したところ1万円ちょっとでありました。


整備保証とか言うのはでけへんけど、これで行きますか?

ええよ、とりあえず動くようにしてや。



本日部品が届いてエンジン始動!
無事掛かりました。

状況に応じて修理方法を提供するのも当店のモットーである「お金の効率がいい整備」だと思ってます。





posted by てんちょー at 10:40 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ