2007年05月16日

車の灰皿

男性の喫煙率が40%切ったとのニュースがありました。
そういわれてみればまわりもかなり減ったような・・・



宴会などに行くと灰皿を必要としない人がかなり増えたように思います。
でもこのあたりの記憶とは実に曖昧で、私もたばこをやめて5〜6年立ちますが、いまだに「いつから吸ってなかったっけ?」とかいわれますし、自分から見てもその人が以前から吸ってなかったのか、途中でやめたのかさっぱりわかりません。

車に灰皿も最近の車種はほとんど付いてません。
灰皿はオプションという車もあります。
特に軽自動車はほとんどと言っていいほど灰皿はなく、シガライターもありません。
シガライターについてはコスト削減の意味もあって元からオプションだったこともありますが。

でも皮肉なことに入庫してくる車の痕跡を見ると意外に軽自動車ユーザーでありがちな若い女性が結構喫煙してたりするのはご愛敬 (^^ゞ

その統計を見ると男性は80%越えてた喫煙率がここ40年で40%切ったとありますが女性はずっと14%あたりを維持してるそうです。
特に20代の女性の喫煙率が高くなってるとは数年前から聞きます。

自動車メーカーも灰皿をつけるのは喫煙を推奨してるのか、という世間の声を無視できずに外してきてるのでしょうが、相対的に喫煙してるユーザー多いであろう層に売り込む車種の灰皿は苦渋の選択かもしれませんね。
逆にそれを追い風にコストダウンの役に立ってる部分でもあるのですが・・・・・





posted by てんちょー at 23:26 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ