2010年09月01日

エコカーはおサイフにエコ?

修理現場からエコカーの維持費を考えてみました。燃料代は浮くかもしれませんが・・・

エコカーブームといわれ、エコカー減税やエコカー補助金など、エコカーをいう言葉を取り巻く環境は最高潮です。けれどこのエコという言葉には二つの意味があると思います。

一つはエコロジー、つまりは環境に優しいという意味。

もう一つはエコノミーというおサイフに優しいという意味。



このどちらもエコといわれる言葉ですが、一般人が思うエコは「エコノミー」の方ですよね。燃費が安い、維持費が安い、などなど。

メーカーのいうエコは

「環境を破壊しないように努力してますよー」

という宣伝の意味も持ってるのでエコロジーの方です。


けれどもメーカー表看板である環境対策の為に開発されたに掛かった新機構の維持管理はユーザーに降りかかってきます。


プリウスの電池、いずれは交換しなといけません。電池は12万8千円します。
10年も乗ればいつかの段階かで交換しなければならなくなると想像します。
電池がへたってくると燃費が落ちてきます。


信号待ちなどでアイドリングストップする各社の車。
始動専用のバッテリを使ってたり、2個積んでたりします。
それらはいずれ交換するときに普通の車より費用の掛かる車となってしまいそうです。

マツダのアイドリングストップ車はセルモーターが決まった回数エンジンの始動をすると交換を義務づけられてます。
この理由は右折待ちの時エンジンが止まってて、直進車が切れたときに発進に失敗したら重大事故になる、という場合を想定してます


ごくごく一部のケースをご紹介しましたが、メーカーの

「環境対策に貢献してます。」

との体裁のためにユーザーがその分を負担する構造が見え隠れしてるように思うのです。
でもメーカーがこのような動きをしなければならないのは、エコという言葉を餌にする誰かがいるからではないか、とも思います。

結局の所、べらぼうなカタログ燃費を求めるより少し燃費のいいオーソドックスな車を今まで通り購入して使うのが、その車の一生で必要な「ライフコスト」が一番「財布にエコノミー」だと思えるのです。
もちろん「その車」のデザインが好き、とか新機構大好き、とかの方はこの限りではありません。
好きな車をゲットしてください。

私は「エコなんか全く関係なくていいですから小排気量で思いっきり走るハイパワーエンジンを積んだコンパクトカー」が欲しいです。
それがかなえられないので23年ほど同じ車を乗り続けてるんですからね(笑)





posted by てんちょー at 11:04 | Comment(5) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
古いログに今頃コメントするのも失礼かと思ったのですが,内容が素晴らしかったので記させていただきました。ありがとうございます。今後ともブログを楽しませてていただこうと思います。お仕事ご苦労様です。
Posted by たかちん at 2014年06月17日 15:42
コメントありがとうございました。
いくつになっても褒められるとうれしいもんです(笑)
またブログにお越しください。
Posted by てんちょー at 2014年06月17日 18:21
またコメントしてスミマセン。(一度ですまなくてごめんなさい)
先日申し上げたとおり,私S15のNAに乗っています。と言ってもオーテックですが。燃費に関係なく踏みっぱなしの運転してます。正直気持ち良いです。(他者への迷惑はわきまえてやっています。)それと前の前の足車はK12(てんちょーさんと同じでNISSAN好きかも)に車高調入れて燃費にこだわって18Km/L記録してました。車重とトルクのバランスが良かったのでしょう。無論MTでした。次は前型のアトレーターボの4WDのMTで15Km/L。今は初期型のインテのタイプRで11Km/L。だんだん落ちてきていますが,パフォーマンスの違いでしょう。一度エコ運転にはまるとやめられません。先日代車で借りた9年落ちのアルトの3ATでも,23KM/Lでした。やっぱ新機軸より,エコドライブのやりかたかなあと自己満足にふけっています。てんちょーさんの言う通りですね!長々と失礼しました。
Posted by たかちん at 2014年06月23日 11:32
我々が求める本当のエコがどこにあるかを考えると何も複雑なものが着いてないの「素」の車が一番安上がりです。
それを大事にオイルを替えたりタイヤの空気圧を維持管理して、いろいろ手入れしていつまでも調子よく走らせるのが本当のエコですね。
Posted by てんちょー at 2014年06月23日 22:33
ハイブリットが嫌いなわけではありません。
しかし,軽い車は好きです。
ホィールを替えようが,モーターを付けようが,タイヤをエコタイヤに替えようが(空気圧は大切ですが!)
所詮は小手先のような気がしてならないのです。
そしてきちんとメンテナンスして,シュレッダーダストを出さないのもエコですね!
夜分遅くに失礼致しました。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by たかちん at 2014年06月23日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ