2010年09月27日

アプリオ Type2 レストアその4

すこ〜しずつ地道にレストアは進んでます。エンジン換装しました。


消耗品類の純正部品が到着して大まかな部品の交換は終わりました。

今回の大きな目玉は原付を小型二輪車のすること。
つまりは排気量を上げてナンバーをもらい直して制限速度30キロを撤廃することです。

まずは古いエンジンを分解。

ss-P1020128.jpg

ss-P1020132.jpg

どのくらい走ってたのかわからないエンジンですが、中身はそんなにひどくなさそうな雰囲気です。
排気洩れも普通と言えば普通ですし、焼き付いたあとも見受けられませんでした。


さてここに新しいエンジンを組み込みます。

ss-P1020147.jpg

デイトナ製の71ccエンジンです。
このエンジンは2サイクルエンジンなのでこのあたりの分解組み立ては4サイクルエンジンに比べると天と地ぐらい作業が少ないです。

ss-P1020153.jpg

さて組み上がりました。
エンジンを掛ける直前の写真です。



というわけでエンジンは掛かりました・・・・・
が、ここからが正念場です。
49ccのエンジンが71ccになるということは、ガソリンと空気を混ぜるキャブレターまわりのバランスが一気に変わると言うことで、回転が素直にあがったり、しっかり走ったりとかできるはずがありません。

現在キャブレターのセッティング中でもう既に10回以上キャブレターを外して分解して、ガソリンと空気のバランスを実験中。
本業が終わってからちょっとずつやってますのでなかなか前に進みませんね。
まだまだ走り回るという段階ではないので、もうしばらく時間が掛かりそうです。





posted by てんちょー at 01:30 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ