2007年05月24日

ヘッドライトの向き

皆さんは夜間に走行するときにヘッドライトの切り替えはどうしてますか?
ヘッドライトの上向きと下向きの切り替えはご存じですよね。


今日は大阪陸運局和泉支局(和泉車検場)で車検場の検査員と自動車屋さんとの意見交換会があったので泉大津の自動車整備連合会の代表として行ってきました。

そこで話題によくあがるのがヘッドライトの光軸調整についてのことです。
ヘッドライトについての検査基準は平成10年に大きな変更があってそれまで上向きで検査を受けていたのをそれ以降の制作された車から下向きで検査を受けなさいということになったのです。
いまでも基準変更前の車と以降の車が混在してるので、その車に応じて調整方法を上向きと下向きそれぞれの基準にテスターを使って合わすのも私どものお仕事の一つです。

基準が変わった理由は世界的に下向きで車検してる国が多いこと、また通常の使用において下向きで走ることが多い、という理由です。

その会議が終わって帰ってきてからネットでニュース欄を眺めてると、「ヘッドライトは上向きで走行する指導」という見出しを見つけ、そうそう見てみました。

茨城県警ではこんな資料が
http://www.pref.ibaraki.jp/kenkei/kikaku/kawara/kawara_pdf/h19-101.pdf

山口県警では
http://www.police.pref.yamaguchi.jp/0410/light/light.htm

などなどあるようです。

教習所などでは対向車に迷惑をかけないように走行時には下向きで、という指導を行っているのですが、通常は上向きで、という文言が隠れてしまって、「上向きは違反」とまで思ってる人もおるそうです。

正解は

原則上向きで状況に応じて下向きに切り替える

ということです。

堅い法律用語でいうと上向きのヘッドライトを「走行灯」、下向きを「すれ違い灯」といいます。
これからも通常は上向きで走るべきもの、として定義されてるのです。
そうなってくると検査基準との矛盾が出てきたりしますが、日本の法律は縦割りなので仕方ないですよね。

私は深夜の高速道路などで前方に車がいないときは積極的に上向きにします。
日本の高速道路は対向車にはまぶしくないようにガードレールやら段差をつけることで対策されてますので大丈夫。

ただちょっと気になることが・・・・・
上向きをすすめてるのは田舎の方だと突っ込んだら怒られますよね(笑)





posted by てんちょー at 20:04 | Comment(2) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
自分は、前に車が居ない時に限り、上向きにして走っています。特にスピードを出して居る時ほど上向きの必要性を痛感します。
でも、自分よりも前に車が走っている時は、その車の走り具合を見ているだけで、安全に走れますから、わざわざ前車の迷惑になるような上向きにする必要性は感じません。
不精者も私はは、前に車を置いて後ろについて行くのです。自動車レースと目的が異なりますが、楽な運転方法だと思っています。
Posted by 吉田 英夫 at 2007年05月29日 18:33
前や後に他車がいたり、まわりに照明などがあればこういう事はあんまり気にならないし、必要もないのですが、田舎になればなるほど切実な問題なんだと思ってます。
上向きで走っておれば避けられた事故、というフレーズですからね。
Posted by at 2007年05月29日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ