2010年10月26日

アプリオ Type2 レストアその8

そろそろレストアの領域を越してチューンの領域へ

レストアとは消耗品などを交換して動かないとか調子悪い部分を正常な状態に戻していく作業を言います。
チューニングとは正常な状態をより高性能なものへ進めていくことを言います。
レストアは動かない物を動くようにするので、ゴミを減らすという意味でも、今流行りの言葉を使えば資源のリサイクルに近いことになります。
捨てるものがちゃんと役に立てば捨てなくていいわけです。



だいたいアプリオのレストアは一段落してきたのですが、いろいろここをこうしたいとか、何となく心配とかいう部分が見えてきます。

まず気になるところは、ボアアップすることによりエンジンの馬力が上がり、それにともない「発熱量」も上がります。
本来50ccで設計されてる冷却システムがどれくらいの余裕があるのかわかりませんが少しでも有効に冷却できた方がエンジンの寿命も上がるのでちょっと細工をしてみました。
このタイプの原付スクーターは現在は水冷エンジンが主流ですが、15年前の原付は冷却ファンを回すことにより風をエンジンに当てる強制空冷方式です。

この空気取り入れ口にフードを付けて、走ってるあいだは吸う以上に空気を押し込むようにしてみました。

ss-P1020310.jpg

本来このカバーは空気取り入れ口を下向きにして取り付けるらしいのですが(YAMAHAの文字を水平に取り付ける)、今回は前向きに変えればより一層空気を取り込めるだろうという想像でこんな向きにしてみました。

ss-P1020312.jpg

温度計を入れて測ったわけでもないのですが、走れば走るほど冷えそうな気がするのです。
さて実際はどうなんでしょうね?
素直に吸わせた方がいいのかもしれません。
まあこれから空気は冷たくなっていくのでオーバーヒートすることはないでしょうから、真価は来年の夏までおあずけですね。






posted by てんちょー at 11:52 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
アプリオ弄り、着々と進んでいるようですね〜
私はなにぶん“超ビ貧”なので凄く羨ましいかぎりです・・・
私は、ボアアップor90CCエンジンに積替えを夢に思いながらもなかなか実らず・・・です
セッテング等も大変でしょうが、それを一つ一つクリアしていき自分好みに仕上げていくのが楽しみなのでしょうね!
仕事&祭り等で忙しかったのですが、時間見つけてお声を掛けさせていただきますので、その節はよろしくお願いしますね
Posted by MOTOKO at 2010年10月28日 19:56
ほとんどType2がZRに近づいてます。
これならZRをはじめから手に入れた方が安くついたのでは・・・・・
などなど思ってる今日この頃です(笑)
整備士のこだわりがでてしまいますからリフレッシュに妥協できなくてお金使いすぎて嫁に怒られてしまうのです。
Posted by てんちょー at 2010年10月29日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ