2010年12月30日

腸炎

昨日から腸炎で苦しんでます。

月曜日(27日)に大腸内視鏡検査を受けに病院へ行き、腸管洗浄剤で腸内はすっきり。
体重も軽くなったのでは?なんて思ってましたら、腸管洗浄中のあの便意が2日後から再び発生。
なんじゃこれは、と思うまもなく激しい腹痛でえらい目にあいました。
熱やら吐き気はなかったのでノロウィルスではないと自己診断(笑)
単なる腸炎なんだろうから悪いものが出たら直るだろうとひたすら痛みに耐えておりました。
思った通り夕方に最大の痛みがきて便所に駆け込みそれが過ぎ去ったらやっと睡魔が襲ってきました。
というわけで今日のお昼過ぎまで寝てました。


鍼灸院の先生の話に、下痢は悪いものを排泄する顕著な症状だから出し切れば病気はそれで一段落、という話をまざまざと実感。
確かに夕方以降急に体が軽くなり、足先などが寒くて冷たくてカイロを靴に入れてたくらいだったのに急に足先にも血流が戻った感じがしてほかほかしてきました。
何とも人間の体とはよくできてるなあ、と変に納得してます。

まだものを食べたらまた痛くなりそうで昨日から2日ほどスポーツドリンク以外は口に入れてませんが食欲復活まではまた至ってない感じ。

年末のお休み期間に入っててよかったという思いと、年末にこんなことになって,という思いが混じり合ってますが何とか復活できそうな雰囲気になってきました。



なんか昔から胃腸系のテストをするとそのあと大コケすることが多いような気がします。
バリウム飲んで一週間しんどかったり・・・・
検査のおかげで体調が崩れるのは何とも本末転倒な気がします。





posted by てんちょー at 15:04 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ