2011年01月11日

徳島へ

1月9日に四国へ行ってきました。

少し前から讃岐うどんツアーを計画してましたが、高速1000円効果で讃岐うどんがブームになってしまい、あっちこっちの店で長蛇の列が発生してると言うことを聞き、これはしばらく様子見やなあと保留してました。

年末にうちにきたお客さんがかっこいいポシェット言うか手持ちカバンを持ってて、「それどこの商品?」って聞くと「バンナイス」って検索したら出てきますよ、と教えてくれました。

Vannuys(バンナイス)のホームページ

店は徳島空港のすぐ横にあると言うことはわかりました。
パソコンを入れるカバンか、手持ちカバンがちょうど欲しかったのでこれはちょうどいいものを教えてもらった、と意気揚々とホームページを見てましたが、どうも実感がわいてきません。
どれくらいの大きさなのか手に取ってみたくなったので、「よし店に行こう」ということで行ってきました。

ただその店に行くだけではちょっと愛想なかったので、ここで保留してた讃岐うどんツアーも一緒に決行。
とはいうもののネットで調べても店がありすぎて何がなにやらさっぱりだったので、とりあえず一番最初に目に付いた「一福」という店に目標を定めて食べてきました。

これは自分の分。「温玉ぶっかけ肉うどん」
ss-DSC_0066.jpg

塩辛い食べ物が苦手な超薄味派の私には肉が味付けが濃くて最後はちょっと辛すぎになってしまった。
たぶん普通の人にはおいしい味付けなんだと思う。
普通のお店でもちょっと煮詰まった味噌汁なんかは全然飲めない。
まわりの人はおいしいって言ってるから、自分だけが特異なんでしょう。



これは嫁さんが注文した「かけうどん」と天ぷら
ss-DSC_0067.jpg

嫁が頼んだかけうどんのだしは「絶品」。
めっちゃうまい。
透明に見えるおつゆが鰹の風味が思いっきり。
これならおかわりできそうな味でした。
今度行ったらこれですね。


帰りに渦潮の上を歩けるという「渦の道」へ寄って橋の下(?)から渦潮を見てきました。
以前来たときはこの施設はまだ無かったと思い中の資料を見てみると、橋が完成したのが1985年、渦の道は2000年に出来てるのを知り、どんな風に作ってるのかをつぶさに見てると橋桁に追加で取り付けた施設なんだと言うことを発見。
通路の取付が溶接でなく全部ネジ止めと言うことが一番の発見だったりして・・・・
できあがった橋桁に溶接の熱を伝えたらあかんよな、と一人納得。


それを嫁に大発見やな、と伝えるといつもの通りのお返事。




「それがどうしたん?」・・・・・








posted by てんちょー at 16:45 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ