2011年03月19日

買い占め

被災地ど真ん中の知人のブログの一文です。

仙台市の山手の方なので実際津波とかの被害はなかったものの、一週間たって電気が来てやっと水道が復活したぐらいの状況です。
そんな状況の中での文面です。


ニュースでも盛んに報道されていますが、
被災地以外の場所でも災害用品や食品の買い占めが見られるとか・・・・
ガソリンスタンドだって長蛇の列らしいですね・・・・

少し冷静になりましょう。

そして私にできることの一つとして買い控えを心がけています。

被災地と言われる宮城県ですが、場所によってライフライン以外は何とか通常に近い状態で生活できるところもたくさんあります。
家の損壊は免れ、暖房のきいた部屋で過ごせる家庭もあるのです。
それが事実です。
「それの何が悪いの?」と言わないでください。
悪くなんてありません。
ただ、そういう人たちにだってできることがあると思いますし、買い控えがその一つであると私は考えます。
宮城県にいるからこそ、ライフラインが遮断した日々を過ごしたからこそ、
今これだけの食料、身の回りの物資があれば、とりあえずの生活ができる・・・という憶測がつきませんか。
それ以下だと不安にもなるでしょうが、
それ以上あってどうなりますか?
物があふれる日常の中、ストックが切れればすぐ買いにいけるという日々でした。
不安になるのもわかります。

もし、あなたのお宅の建物が無事で、屋根があり床に座れる状態のわが家で生活できて、電気と水道が通っていて、家族が元気でいるのなら、今必要なものは必要な量だけで生活していけます。
震災から1週間たち、物資は確実に被災地に流れ込んできつつあります。
もう少しがまんすれば、きっと買い物の不便も解消されてくるでしょう。

心配なのは、
本当に必要な場所に必要なものがない事実。


現実を冷静に考え行動することをたくさんの人に気づいてほしいと思います。


ただ、こういう日々ですから、ご近所が連れだって買い出しに出かけたり、
並んでいる列で知人に会って話が弾んだり・・・・そんな風景があってもいいとは思います。
矛盾しているようですが、家にこもって出歩かないのもストレスがたまりますからね。
何が必要か必要でないかの見極めだけはきちんとしていけたらいいですね。




幸いなことに当店の近辺ではそんな深刻な状況ではなさそうですが、とりあえず「予備に買っとくか」と思ったときにこの文面を思い出してください。
被災地のど真ん中にいる人の文面です。





posted by てんちょー at 15:12 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
その通りですね。
コンビニで電池がありません。
被災地に向けて送っているのならまだ分かりますが、買い占めでなくなっているんだったらちょっと悲しいですね。
Posted by ジャンプ at 2011年03月22日 15:26
被災地の人の文章だから説得力100倍です。
現地の人でも「自分はまだましだから」という気持ちを持ってるんです。
被害がない関西で我先に買い急いだり、品物がなくなるのは心苦しいです。
Posted by てんちょー at 2011年03月22日 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ