2011年03月24日

バネット ガソリンメーター不良

いくらガソリンを入れても満タンにならないという修理依頼。


日産バネット、型式TC-SK82VN 平成16年式。
といいますが実態はマツダのボンゴ。OEM商品なのでややこしいですね。

ガソリンを口元まで補給してもメーターが満タンを指さないとのこと。
普通に原因を考えるとセンサーが悪いかメーターが悪いかの二者選択です。

メーターが悪くなると言うのは経験上余りないので、たぶん残量を測るセンサーが悪くなってるのだろう、とお客さんに伝えるとかんたんに調べられないか?という。
センサーからの出力電圧を測るにしてもこの車の構造上ガソリンのタンクを一度外さないと正確な診断も出来ないと言うことをお伝えして、作業に・・・


単純に部品だけを見るとセンサーと言ってもこんな原始的なものです。
ガソリンが入ると、浮きが浮いて電気信号として出力するというものです。

ss-P1030147.jpg

ss-P1030146.jpg


但しこれがガソリンタンクの中にあるので調べるにしてもタンクを車体から分離して、上部にすきまを作らないと見ることも出来ません。

ss-P1030136.jpg

ss-P1030137.jpg

ss-P1030140.jpg



やっと実物を目にすることが出来、センサー単体で調べることが出来ました。
調べてみると出力電圧も、動きも正常。
手で動かしてみるとメーターの方もちゃんと連動して満タンから空まで動きます。

ss-P1030150.jpg


ということは・・・・

というわけで原因はこの「浮き」。
ガソリンがしみこんで重くなったようです。
新しく来たセンサーの浮きの部分は色が変わりなにやら材質に改善があった様子。

ss-P1030149.jpg









posted by てんちょー at 15:29 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ