2011年05月19日

自動車の生産

あちらこちらで少しずつ自動車製造ルートが復活してるようですね。

以前お伝えした日産の「いわき工場」が復活したと昨日の新聞記事でありました。
この工場は2500CC以上のエンジンを専門に作ってる工場でエンジンがなければ車体が出来ても車としては成立しませんもんね。
ゴーンさんも工場へ行って直接激励したようです。

331853.jpg
撮影 レスポンス

このいわき工場へ部品を納入してる会社も被災してるようですが徐々にフル生産できるようになるでしょう。

今や自動車も「電化製品」で、いたるところがコンピュータ制御ですから、その部品の遅れは生産全体を左右します。
大元の電子部品屋さんが10月めどに完全復帰、とのニュースも流れてました。

そんな状態なので自動車の生産が元通りになるまでいましばらくは時間が掛かりそうです。



うちでも3月からずっとお待ちいただいてたワゴンRがやっと製造ラインから出庫したとの連絡が来ました。
早ければ20日にもお渡しできそうです。
3月7日にご注文頂いた分ですからほぼ2ヶ月半掛かってしまいました。


新車ディーラーは注文ばっかり残って新車を渡すことが出来ないため売り上げが上がらない。
経費はその間でもずっと出ていくので運転資金が枯渇しそうだと悲惨な状態らしいです。
震災関連倒産に新車ディーラーも入ってくる可能性がありそうです。
いざとなればメーカーが助けるだろう、と言うのは昔物語でメーカーも余力がないため資金は独自に調達せよ、との通達が来てます。
ある時期が過ぎれば今度は復興特需は発生するでしょうからそれまで何とか持ちこたえなければ、との思いがいっぱいなんでしょうね
ただ関西では納車が遅れただけで特需は発生しそうにもないので先行きは暗そうです。


我々に直結する「補修部品」の枯渇は一時期あったものの(仕入れ先にオイルフィルターがなくなってました)うちのお店では偶然とは言え枯渇してた型式の部品に需要がなくてお客さんに待ってもらうようなことはなく、ホッとしてました。


流通ルートが変わったり、取引先が変わったりして構築された取引関係がリセットされてしまうような大きな震災なので、今度はその影響が吉と出るか凶と出るかですよね。
うちのお店にも何らかの影響が来るのかな?





posted by てんちょー at 12:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ