2007年06月30日

交通マナー 名古屋走り?

名古屋走りというものがあるらしい。
なので調べてみた。

名古屋走りの特徴を引用させてもらいます。

以下に、「これが名古屋走り」とよく紹介される運転行為を列挙する(この他にも異説・異聞の類は多数ある)。なお、これらの行為は道路交通法に抵触するかその可能性が高いのみならず、周囲の交通状況を悪化させ、ひいては交通事故発生の誘因となるため、絶対にやってはいけないところではあるが、名古屋都市圏およびその近郊を運転する場合は、周りの車の流れに対する状況判断を臨機応変に行わなければ自分が事故に巻き込まれる恐れがあるため、細心の注意を払う必要がある。


車線変更・合流

車線をまたいで走り、追い抜きを妨害する(流れの良い方の車線へスムーズに入れるようにするためであるが、左折または右折の交差点をはっきり覚えていないドライバーにも多い)。

正規の手順で進路変更または合流の意思表示をすると、そうはさせまいと車間を詰める。

自車の長さ程度の車間が空いていれば割り込む。その際、車線変更のウインカーは1回だけ点滅させるか、もしくは出さない(上記妨害行為を避けるため)。

幹線道路では、制限速度以上で走っていても割り込み防止のため車間を詰める(特に名四国道や名岐バイパスに多い)。


交差点の走行

右折専用車線を直進する(車線が急に右折車線となる道路に多い)。

右折矢印が出た時に右折専用車線に車がいなければ、右折専用車線を使って赤信号待ちの車列を追い越し交差点を通過する("|-"形状の三叉路で多い)。

右折専用車線の先頭車が、信号待ちの間に直進車線の先頭車の前に移動する。

右折待ちの先頭車が、青信号になったら対向車が発進する前に小回り右折する。

交差点の手前で信号が青色から黄色に変わればアクセルを踏み込む。

赤信号から2〜3秒程度以内であれば、交差道路の先頭車が発進していなければ停止しない(大型トラックに多い)。

赤信号から2〜3秒程度以内であれば、右折矢印に従って右折している対向車をクラクションやパッシングで威嚇して、そのまま直進する(交差点内優先順位の誤解)。

交差道路が赤信号になったら動き始める(見切り発車。黄信号の場合もある)。時差式信号機の場合があるので非常に危険。

ハンドルを回しながらウインカーを出す。



とのこと。


これって名古屋だけではないと思うけどなあ。
ほぼ90%は我が大阪でも十分指摘されてることだと思います。
確かに運転の素早さは大阪が一番だとは思いますが。



お時間があればぽちっと押してください。
順位のため押してください
banner_02.gif
人気blogランキング
挑戦中






posted by てんちょー at 10:26 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ