2011年06月03日

阪神高速は距離料金へ

計画が発表されてからくすぶってた距離料金が始まりそうです。

首都高速と阪神高速を今の乗り切りの一律料金からNEXCO管轄の高速道路のように距離で料金が決まるようにするという計画がかなり前に発表されました。

いままで開始しようとすると社会情勢に大きな事件が起こって延び延びになってましたが、平成24年1月にやっと始まるようです。

いまは普通車500円だったり700円だったりその区間内であれば一回乗ればいくらという均一料金だったのですが、今度は500〜1000円(900円?かもしれない)の距離による料金になります。
しかし普段通りの使い方であればあっという間に1000円になりますから実質値上げと言って過言でないでしょう。 (^^ゞ

だいたいそれなりの距離を走るときに阪神高速を利用するのですから、いままで乗ってた区間を考えればほとんど1000円になってしまうのです。
500円で行ける距離なら阪神高速には乗らないわけで・・・・
200円〜1000円ぐらいの幅にしたら利用する人も増えるのではとも思います。
一番最初計画では500円〜1400円という案もあったので最高金額が1000円になっただけでも良しとすべきなのでしょうか?
まあ湾岸線で助松から六甲アイランドまで行くと1200円なのでちょっと安くなるか

うちの近くで言えば堺泉北有料道路(100円道路)から泉大津北まで乗ったとき、今は150円なのですがこれってやっぱり500円になるのかな?
ちょっと調べないと。

休日割引1000円上限制度がなくなる時にどさくさに紛れて、という感じがしないでもないですが高速料金の値上げが続きますね。





posted by てんちょー at 16:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ