2011年06月15日

バッテリーで火災?

バッテリーの取付ミスなどによる車両火災が増えてるとな・・・・

国土交通省からわざわざ 報道発表資料 を発表してます。

正直今の時期になぜ?とは思わないでもないです。
書いてあることは全て我々プロからすると整備士として仕事を始めるに当たって一番最初に習うであろう基本中の基本みたいな話なんですが、それだけDIYが普及して自分でする人が増えた結果のことなのか、もしくは残念ながら整備士の腕が落ちてきたことの表れなのか、どうも釈然としない発表です。

ヘッドライト球の取付ミスとか後付け電装品が原因というのは、なんとなく見よう見まねで素人が取り付けた結果と、思える部分もありますが、昔ほど自分の車をいじる人も減ってる中でこれもまた釈然としません。


車両火災は失うものが大きいゆえ最大限避けなければならいことなので我々も細心の注意を払って電気まわりの修理をします。
実際燃えたものを見ると一目瞭然で「自動車の電気はあなどれない」と思うのでよけいに気を遣います。

う〜んなぜこんな丁寧な注意喚起がでたんでしょう?






posted by てんちょー at 00:15 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ